【猫餌】アーテミスの価格や安全性は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

Sponsored Links

絵本のような見た目や、まるで人間用の野菜チップ菓子のような目を引くパッケージが印象的かつ多くの利用者から評価の良いキャットフード「ARTEMIS(アーテミス)」。

評価の良いフードとしての安全性はあるのか?

価格はどうなのか?

口コミ・体験談と併せてご紹介します。

①ARTEMIS(アーテミス)とは?

Sponsored Links

原材料表記通りの厳選素材だけを用い、猫に必要な栄養素をバランスよく配合した素材・栄養素にこだわって作られているプレミアムキャットフードです。

ドライフードはグレインフリーのオソピュアグレインフリーフィーラインサーモン&ガルバンゾー、ヒューマングレイドかつ栄養成分豊富で徹底したこだわり製法のフレッシュミックスフィーラインの2種類、グレインフリーの缶詰の1種類があります。

②【猫餌】アーテミスの安全性は?

image

1.ドライ

利用者の多いフレッシュミックスを見てみると、幼猫~成猫に対応したオールマイティフードとなっています。

複数の動物性タンパク質をバランスよく配合しているとあるようにメイン素材がフレッシュチキン、ドライチキン、栄養素の豊富なエンドウ豆、その他ドライ魚肉なども利用されており良質のタンパク質源を素材として利用しているようです。

海藻であるケルブ、人参をはじめ5種類近くの野菜も用い、酸化防止剤としてのビタミンE、C、ローズマリーエキス、また各種ビタミン類、タウリン、カルシウムなどの栄養成分を配合させたフードを家畜飼料工場ではないペットフード専門工場(アメリカ政府認証)で加工しています。

問題点、懸念事項は?!

Sponsored Links

問題点としてエトキシキン(強い酸化防止剤。分解が難しく人間用にも認められた成分であり完全に取り除くのが難しい)という成分が検出されることがあったようですが、メーカーとして成分自体を利用しているわけではなく、利用した原材料に成分が含まれているためエトキシキンが検出されたようです(問題発生年度から改良努力を続けている状態のようです)。

エトキシキンといった若干気になる点はあるものの、その他の優良な点を考えると普段利用するキャットフードとしては良いレベルの品質があると思います。

2.ウェット

ツナ&シュリンプ缶を見てみると、ツナ、ツナブイヨン、エビをメイン素材にドライフード同様各種栄養成分が配合されている缶詰になっています。

着色料・保存料などの利用はなく安心して利用することができそうです。

③【猫餌】アーテミスの種類と価格

1.ドライ

☆サイズと値段

<オソピュアグレインフリーフィーラインサーモン&ガルバンゾー>

・900g…\2,484/1.8kg…\4,158/4.5kg…\8,618から

<フレッシュミックスフィーライン>

・500g…¥¥1,209/1kg…¥1,979/2kg…¥3,740/6kg…¥8,400から

☆種類

・オソピュアグレインフリーフィーラインサーモン&ガルバンゾー

・フレッシュミックスフィーライン

2.ウェット

☆サイズと値段

・85g…¥321から

☆味の種類

・オソピュアグレインフリー(ツナ、サーモン、パンプキン、チキン、シュリンプのうち1~2つの組み合わせ)

④アーテミスの利用者の評価や体験談

☆良い評価

・「安心して使える」

ヒューマングレイド、添加物・着色料なしで作られているため安心。

・「食いつきが良い、きちんと食事ができるようになった」

好き嫌いする子も好んで食べた、がっつくことなく落ち着いて食べる。

・「健康状態が良好になった」

毛艶がよくなった、便の状態が良くなった、吐かなくなった、お腹の弱い子でも普通に利用できた等の声があります。

☆悪い評価

・「持病のある子には気を付けたい」

もともと便秘気味だった子の状態が悪くなった、尿結石ができたといった声があります。持病持ちの子、成分、栄養素が体質に合わない子には注意が必要なようです。

猫餌、関連記事!

Sponsored Links

猫の餌のおススメは何?キャッツフードの値段、味、安全性の比較!

キャットフードは国産か海外産どちらが安全?違いや評価は?

オリジンキャッツフードの価格や安全性は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

キャットフードを冷凍保存?正しい保存方法と容器は?

ロイヤルカナン(猫)の評価や口コミは?安全性と添加物など成分は!

キャットフードカナガンの評判は?国産がいいの?

⑤まとめ

image

ちょっと高価でもこれまで通り健康的に過ごせるような食事をあげたいと考える飼い主さんと猫にお試ししてもらいたいキャットフードだと思いました。

普段使いとしては少しお値段が高いというイメージですが、別なフードと混ぜて量を調節したり、ローテーションの1つとして使うのも良いかもしれません。

Sponsored Links

いつもシェアありがとうございます!

FBなどで「いいね!」もお願いします^^
 

フォローする