ホリスティックレセピー猫用の安全性や価格は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

Sponsored Links

ペット用自然派フード「Holistic RECIPE(ホリスティックレセピー)」、教科書のようなパッケージが印象的なキャットフードです。

あまり見かけることのないフードではありますが安全性はどうなのか?

購入しやすい価格なのか?

評判(口コミ)や体験談と併せて紹介していきます!

①「Holistic RECIPE(ホリスティックレセピー)猫用」とは?

image

アメリカで作っているフードですが、日本に住む猫専用に作られたキャットフードです。

猫の毎日の健康維持を目的に、泌尿器系障害予防、毛玉除去、整腸・抗酸化作用、免疫力向上、便臭予防、皮膚・被毛の健康維持などについて考えられています。

Sponsored Links

②ホリスティックレセピーの安全性は?

幼猫~7歳までの成猫用フード「猫用7歳まで」から安全性を考えてみたいと思います。

メインは鶏肉、続いて鶏肉粉、米となっており肉の使用比率は高い点が猫向けの食事として適しています。

タンパク質32%以上、100g辺り365kcalとなっています。

皮膚、毛艶に良いオメガ3脂肪酸が多く含まれるひまわり油・亜麻仁、体内で作る事のできない不飽和脂肪酸が豊富な鶏脂、黄味と白味を乾燥させた乾燥卵製品などが使用されています。

植物性繊維としてアルファルファミール、オーツ麦繊維、トマト粗、消化を緩やかにしお腹の調子を整える醸造酵母、サッカロマイセス・セレビシエ、乳酸菌のラクトバチルス・アシドフィルス、エンテロコッカスフェシウム、デンプンをブドウ糖にタンパク質をアミノ酸に分解する性質が強いコウジカビ菌の一種アスペルギウス・ニガー、腸内環境改善作用のあるバチルス・サブチルスなども含まれます。

消化不良や便秘になってしまう可能性のあるビートパルプが含まれている点は少し心配ですね。

その他、泌尿器系疾患を予防する効果のあるクランベリーパウダー、腸内環境や肝機能を高めるチコリエキスや各種ミネラル類、ビタミン類などの健康成分が含まれています。

植物性の酸化防止剤を使用し、合成保存料、着色料、人工香料は一切使用していない点に安心感があります。

また、鮮度を保ち劣化を防ぐために、チャック付き、もしくは400g単位で個包装されています。

全ての種類に毛玉対策がされているのもポイントですね。

全体的に見てお腹に良さそうな成分(乳酸菌や酵母など)が豊富な印象を受けるキャットフードです。

Sponsored Links

③ホリスティックレセピーの種類と価格

☆サイズと値段(公式サイト価格)

・330g…¥570~630円

・1.6kg…¥2,300~2,550円

・4.8kg…\5,500~6,300円

・15kg…\12,200~14,500円

☆健康状態に合わせた種類は4つ!

・猫用7歳まで(チキン&ライス、小麦不使用)

・猫シニア用7歳から(チキン&ライス、小麦不使用)

・猫ライト 体重管理・去勢猫用(チキン&ライス、小麦不使用)

・猫用7歳まで(チキン&ライス、小麦不使用)

EC-12乳酸菌(アカシア食物繊維配合)

☆購入方法

・楽天やアマゾンなど各通販サイトで取り扱いがあります。

④ホリスティックレセピーの利用者の評価や体験談

☆良い評価

・胃腸の弱い猫に与えたら嘔吐回数が減った、下痢・血便を克服できた。

・軟便傾向だったが普通の便の状態になった。

☆悪い評価

・興味を示さない。

・臭いが強くもともと食べていたものと混ぜても食べない。

Sponsored Links

⑤まとめ

消化の負担になる小麦は不使用かつ、お腹に配慮した成分が豊富に含まれているため、胃腸の弱い猫、お腹のトラブルを抱える猫でも安心して使えるキャットフードだと思います。

お腹のトラブルを抱える猫の飼い主さんにおすすめしたいキャットフードです!