猫の餌の量や回数やタイミングは?年齢や体重との関係性は?

Sponsored Links

の適正な餌の量ってご存じですか?

なんとなくで与えている方も多いかと思いますが、適正な餌の量を与えることは猫の健康を考える上ではとても重要なことです。

今回は猫の餌の量回数タイミングについてと、年齢体重との関係性についてお話ししていきます。

1 猫の餌の量は?

猫の餌の量を目分量で測ってしまっている方も多いかと思います。

しかしその猫にあった餌の量を知らないと大変なことになります。

私は愛猫に目分量で測って餌を与えた結果、あっというまに太ってしまいました。嬉しそうに食べる猫ちゃんを見ているとついつい沢山餌をあげすぎてしまいます。

その猫にあった適正量を知ることはとても大切です。

キャットフードの袋には、猫の体重と年齢でわけられた給与量が書かれています。

ただし、この給与量はあくまでも目安となります。

運動量が少なめの室内猫

猫の体重×70キロカロリー

運動量が多め(屋外にも行く猫)の猫

猫の体重×80キロカロリー

子猫

猫の体重×100~200キロカロリー

シニア猫

猫の体重×60キロカロリー

妊娠・授乳猫

通常時の2~3倍のカロリー

キャットフードごとに数値が異なりますのでしっかり確認しましょう。

また、肥満猫の場合は、ダイエット用フードなどを与えてカロリーを抑えめにしてあげるようにしてください。

基本的にドライフードをメインに与えるようにしましょう。

ウエットフードの匂いは猫が飛びついてくるような強めの匂いが特徴で、水分が多いため開封後は早めに食べないとすぐに傷んでしまいます。使いかけの場合は冷蔵保存し、早めに使いきってください。

ウエットフードの利用ポイント!
子猫のときや食欲が落ちているときに少量混ぜるといった与え方がいいでしょう。

Sponsored Links

2 猫の餌の回数やタイミングはどうする?

猫は、成長ステージによって餌を与える回数が変わってきます。

子猫は1日に3~4回。
成猫は1日に2回。
シニア猫は1日に3~4回。

子猫や、シニア猫の食事回数が多くなっているのは1回の食事で消化できる量が少ないからです。少しずつ小分けに与えることで消化器官に負担がかかりません。

時間は、朝と夕方の2回を基本の時間としましょう。

例えば朝の6時に餌を与えたら夕方の6時に与えるといった感じです。

子猫やシニア猫はご自分で間隔を調整してあげてください。

肥満猫は、通常1日2回で餌を与えていた場合、同じ餌の量で食事の回数を3~4回と増やしましょう。

小分けで食事を与えることで肥満を抑止することができます。

3 餌の置き場所

猫, 動物, 子猫, 外観, 飼い猫, ホームレス

餌の置き場所は、各家庭により様々かと思いますが、私のおすすめはリビングや廊下です。

リビングは、猫の様子をすぐみることができること、飼い主や家族がくつろぐ場所になっていて猫もそこにいることが多いため餌をあげやすいでしょう。

廊下は、食事中に邪魔されたくない猫にピッタリの場所です。

個人的にあまりおすすめしない場所はキッチンです。

シンクに登ってきたり、調理中にちょっかいをだしてきたりと危険がいっぱいなんです。

あまり気にならない人はいいかと思いますが、シンクに猫が入ることもよくあるので衛生面が気になる方にはおすすめできません。

そして、猫のトイレのすぐそばに餌を置くのはちょっとかわいそうかなと思います。神経質な猫ちゃんの場合はトイレをしなくなったりします。

逆にトイレの匂いが気になって餌を食べなくなってしまう猫もいますので離してあげてください。

Sponsored Links

4 まとめ

image

今回は猫の餌の量や回数、タイミングについてお話ししてきました。

年齢や体重に合った餌、量を計算して与えてください。

餌の量って適当でもいいんじゃないの?と思いがちですが、適正量を与えることで猫の健康につながります。

日頃の食事管理が大切なのは人間も猫も一緒です。

飼い主がしっかりと管理し、楽しい猫との生活を過ごしましょう。