キャットフード国産で人気&おすすめは?無添加の安全性は?

Sponsored Links

国産キャットフードにも無添加なプレミアムフードがあるのをご存知ですか?

無添加キャットフードの安全性とはどんなものか?

海外産に劣らず人気おすすめできる良品質キャットフードはあるのか?

それぞれについて紹介していきます!

さくら
当サイトで50種類近く徹底的に分析してきた結果をもとに、人気ランキング形式でキャットフードおススメBEST10を発表していきます!

①国産で無添加のキャットフードって?

ホームセンターなどであまり目にすることはないですが、国産プレミアムキャットフードは存在しています。

プレミアムキャットフードなだけあって市販品よりちょっと値段は高めですが、無添加であることはもちろん、良品質の素材を使用している面で安心感の高いキャットフードです。

Sponsored Links

②無添加キャットフードは安全?

添加物には栄養補給、品質保持、嗜好性増進、など様々な用途があります。

そのため添加物すべてが「良くないもの」ということではありません。

なぜ添加物が良くないのか、それは体に有害な成分を含むものが使われている場合がある、必要以上に食品に含まれていることから過剰摂取してしまうからです。

安全で必要なものから正しい容量を摂取する分には問題はないかと思います。

キャットフードの場合、色を付ける着色料、合成保存料、何で作られているのかわからない油脂などは避けたいですね。

Sponsored Links

③国内産キャットフードってどうなの?

日本でのペットフード規制は、まだまだ緩いのが現状です。

安全なペットフードを提供できるよう取り締まりをしているのは、国の機関ではないペットフード公正取引協議会で違反による厳密な罰則はありません。

対して海外では、州政府、米国飼料検査官協会(AAFCO)の厳重なチェック体制、法整備があるなどペットを取り巻く環境は進んでいます。

④おすすめのキャットフード

<ねこままちょいす>

☆サイズと値段

・500g…1,728 円(税込/通常価格)

※会員価格、定期購入で割引あり。

☆種類

・成猫、シニア用

☆おすすめポイント

25gが¥100円(送料別)でお試しすることができます!

栄養バランスが良く、メイン素材に鶏肉、その他の材料も素材そのものを使用しいる総合栄養食です。

香料・着色料・保存料は添加されていませんが、とうもろこしはある程度含まれているようです。

<Daily Style>

☆サイズと値段

・300g…¥1,880円(税込)

※300g/900gのセット売りあり。

☆種類

・全年齢対応(カツオ、カニ、シカ、カモ、ウサギ、ラム)

☆おすすめポイント

300gが¥1000円(送料・税込み) でお試しすることができます!

獣医師が開発したヒューマングレイドのプレミアムキャットフード(総合栄養食)です。

合成保存料、着色料は使っておらず肉の比率は80%、遺伝子組み換え食材を使わないなどこだわりのある作りになっています。

<シェフキャット>

☆サイズと値段

・850g…¥1,980円(税別)

☆おすすめポイント

ペットホテルを営むオーナーが手作りしているプレミアムキャットフードです。

主原料は肉(牛、鶏、馬、魚肉、穴子)メイン、素材そのものを使用していることはもちろん、素材の透明性が高いと感じます。

総合栄養食であるかどうか全年齢で対応しているかの確認はしておくと良いかもしれません。

④海外産のキャットフードってどうなの?

海外の規制の厳しさから考えると安全性がわかりやすいのは海外産の良い点だと思います。

海外産で特に人気のカナガン、モグニャン、シンプリーは利用者も多く安全面の確認しやすさ、評価の高さにお墨付きがあります。

また、今回ご紹介したキャットフードよりも値段が若干控えめであることからも、より多くの人に知っていただきたいキャットフードです。

BEST10も不要! BEST3だけ早く知りたい方はこちらをクリック!
>>キャットフードおすすめ人気ランキング栄光のBEST3!!!

⑤まとめ

image

良品質な国産キャットフードの一面について少し知っていただけたかと思います。

市販品に比べ値段は高めですが、それだけ手間暇をかけているのですね。

国内産キャットフードも健康的な食事の選択肢の一つとしてあることを見て頂くと良いかと思います。