【キャットフード】ねこ元気の価格や安全性は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

Sponsored Links

ユニ・チャームから発売されているキャットフードねこ元気について詳しく調べてみました。

スーパーなど見たことがある方も多いかもしれません。

ねこ元気の価格安全性評判(口コミ)体験談まとめを紹介します。

1 ねこ元気の安全性は?

Sponsored Links

ねこ元気は、日本の会社ユニ・チャームの工場で製造しています。

ねこ元気の原材料を調べてみると、残念ながらお世辞にも使われている材料が良いとは言えません。

主な原材料が、穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス等)、豆類(脱脂大豆)。魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス等)、動物性油脂、着色料(二酸化チタン、赤色40号、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)。

といったものになります。

1番フードに多く含まれているのが穀類です。猫にとって大切な栄養は、タンパク質である肉や魚であり、穀類は良くありません。

肉や魚類は、ミール、エキスといったものしか使われていないため栄養があるとは言い難いです。

ミールは、どの動物のどこの部分の肉なのかさっぱりわからない怖さがあります。動物の羽やくちばしなど肉以外の部分も入っていることがあるため、ミール表示のあるキャットフードは注意しましょう。

また、豆類の脱脂大豆も栄養面では期待できません。フードの量を増やすためのみに使われています。

動物性油脂は、酸化が早いのが特徴です。酸化を防止するためにとても強い酸化防止剤が使われることが多いです。

そのため猫の体に悪い成分が使われていることがあり危険といえるでしょう。

ここが一番心配?!

Sponsored Links

ねこ元気で、とても怖いのが着色料がたくさん使用されていることです。

含まれている着色料の種類は数あるキャットフードの中でも多いほうに入ります。

二酸化チタンをはじめ、赤色102号、赤色40号も発がん性の危険があります。

2 ねこ元気の価格は?

image

ねこ元気は、ネットで購入した場合3kgで1000円前後です。

1.6kgの場合は、800円前後となっています。

とても安いキャットフードといった印象です。

まずはお試しといった場合にも挑戦しやすい価格でしょう。

3 ねこ元気の評判(口コミ)や体験談まとめ

良い口コミ

・我が家の猫はねこ元気を気に入りたくさん食べています。多頭飼いしていますが、みんな大好物です。

・3匹の猫は、ねこ元気しか食べません。おいしくて気に入っているんですね。

・多頭飼いには助かる価格です。

・うちの猫は気に入っています。値段も妥当だと感じます。

・子猫のときから与えています。食べてくれて安いので他のキャットフードに替えることはないかと思います。

悪い口コミ

・穀物が一番多く入っているフードで、猫の食性は肉類のタンパク質のためこのフードは問題があるのではないでしょうか。

・うちの猫はまずそうにしています。気が向いたときには食べてくれます。

・メーカーのホームページをみましたが、いまいち工場でどのように作られているのかがわかりませんでした。

・食いつきはとても良かったのですが、なにが使われているかわからないのでプレミアムフードにかえました。

・ミールや着色料、香料、保存料が入っているフード。ねこ元気という商品名に違和感がある。低価格でキャットフードは作れないと思う。

・食べたあとに必ず吐きます。なぜか他のメーカーのものだと吐きません。もう買いません。

・前まで食べてくれたのに、食べなくなってしまいました。大袋だとフードが傷むのが早いので小分け包装に改良してほしい。

・無添加の着色料に変更してほしい。猫の長生きのためにも改善していただきたいです。

猫餌、関連記事はこちら!

Sponsored Links

猫の餌のおススメは何?キャッツフードの値段、味、安全性の比較!

キャットフードは国産か海外産どちらが安全?違いや評価は?

オリジンキャッツフードの価格や安全性は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

キャットフードを冷凍保存?正しい保存方法と容器は?

ロイヤルカナン(猫)の評価や口コミは?安全性と添加物など成分は!

キャットフードカナガンの評判は?国産がいいの?

4 まとめ

image

ねこ元気は、猫の健康にいいとは言いにくいキャットフードです。

原材料をみても分かる通り、体にいいものがほとんど入っていません。価格が安いというメリットと猫ちゃんへの身体の負担のバランスを考える必要があります。

人間と同じように猫も日頃の食生活が大事になります。

もちろん、商品と売られている以上、死に至る本当に有害なものは入っていないのは当然です。そこは神経質になりすぎる必要はないかと思います。

総合的な観点で餌を選んでいきましょう!