猫の餌のおススメは何?キャッツフードの値段、味、安全性の比較!

Sponsored Links

猫の餌(キャットフード)をどうすればいいのか悩まれている方も多いかと思います。

猫が毎日口にし、猫の体を作る食事、猫にとっては食べやすく、飼い主としては安心して使っていける物を与えていきたいものですが、私たちが普段目にするキャッツフードはとても種類が豊富でどれを選択すべきか迷ってしまいます。

どんなキャッツフードを選ぶとよいのか?その判断基準は?

値段や味、安全性比較しながら、おススメのキャッツフードをご紹介します。

①猫の餌、食事の理想

Sponsored Links

元来肉食である猫の食事は「高タンパク質(26%以上)、高脂肪、低炭水化物、アミノ酸、ビタミン、ミネラル」を含む80%のタンパク質20%の野菜、果物、植物の摂取が適切と考えられます。

添加物を多く含まず、いつでも新鮮な状態で食べられるように小分けされたパッケージが好ましいです。

また、水分摂取が苦手であるため食事から水分を取れるような工夫も必要です。

キャットフードを冷凍保存?正しい保存方法と容器は?

キャットフードを冷凍保存?正しい保存方法と容器は?
キャットフード、皆さんはどのように保存していますか? 大袋を開封したらクリップで留めて放置、なんてされてる方も多いのではないでしょうか。 かく言う私も10年くらい前は保存方法なんて気にしたことありません...

②キャッツフードの種類と選び方は?

猫, ペット, 二日酔い, 長髪の猫, 猫の顔, 動物, メインあらいくま

キャッツフードには「総合栄養食、一般食、療法食、プレミアムフード」といった種類があり、フードの状態がウェット、ドライのものがあります。

肉食であるため穀類を含まない食事が理想的、炭水化物の消化は苦手です。

ただし、まったく摂取が必要ないかというとそうでもなく、猫の状態に応じたバランスよい食事が大切です。

・総合栄養食

猫が必要とされる適切な栄養素が含まれた食事

・一般食

おかずのようなもの

・療法食

病気の治療を目的とする食事

・プレミアムフード

より質の高い総合栄養食

・ウェットフード

水分を70%含み、g単位のカロリーが少ない食事

・ドライフード

水分を7%含み、g単位のカロリーが高い食事

キャッツフードの選び方

成長段階(年齢)や、体調に合わせて目的にあった食事を選択しましょう。一般的には、子猫から成長段階時には栄養が必要になりますので高タンパク質の食事が良いとされます。

また運動量が多い猫の場合も、栄養素の高いキャットフードを選んであげましょう!

3ヶ月の子猫が餌を食べない。キャットフードの評価や口コミは?

3ヶ月の子猫が餌を食べない。キャットフードの評価や口コミは?
愛くるしい目に小さい体。柔らかい毛。 子猫って本当に可愛いですよね。 3ヶ月もするとかなりしっかりしてきて遊ぶ姿が何とも言えません。 子猫が元気に育っていくうえで欠かせないのがキャットフードです。 ...

③粗悪なキャッツフードとは?

☆原材料表記にある見慣れない言葉

・家禽

人間の食用鳥(鶏、アヒルなど)

・ミール、副産物

くず肉、内臓、骨粉、脂分をすり潰したもの

・ミートミール、肉副産物粉

死んでしまった、病気だった、死にかけだった、障害があった動物の肉(4Dと呼ばれるもの)

☆国産だから大丈夫??

日本の家禽ミールの基準は海外に比べ比較的緩く、安全とは言い切れません。

アメリカだと羽毛、頭部、内臓以外のきれいな肉(骨あり、なし)、皮、脂分をすり潰したものが家禽ミールの基準ですが、日本は内臓、くず肉、骨、くちばしなども含みます。

☆臭くなる?

粗悪な原材料を使った食事を食べさせ続けると口や便の臭いがきつくなります。

低タンパク質、栄養価の低い食事がきちんと消化できないためです。

④おすすめのキャッツフード(安全性、値段、味)比較!

猫, 国内の猫, ブリティッシュショートヘア, 英国のショートヘアの猫, 壁

海外原産のキャッツフードの方が比較的に安全性が高く、使用している原材料の良さから味や品質も安定しています。

国産のものは安価なものが多いですが、原材料のチェックはとても重要です。

キャットフードは国産か海外産どちらが安全?違いや評価は?

キャットフードは国産か海外産どちらが安全?違いや評価は?
飼ってる猫には安心安全なキャットフードを食べさせたいですよね。 安心安全=国産と思っている方も多いのではないでしょうか。 はたして本当にそうなのか、国産、海外産それぞれのキャットフードの特徴を見ていきま...

・NOW

<おすすめ度⇒安全性:★★★★★/値段:★★★☆☆/味:★★★★☆>

カナダ原産、穀類不使用、新鮮な野菜、肉を利用、AAFCO(ペットフード公正取引協議会)認可キャッツフード。

子猫より成猫用の方が味がいいとの評判あり。

値段は227g⇒782円、1kgで5~6000円程。

販売元によっては227gをセット売りしているところもあるようです。

・Origin(オリジン)

<おすすめ度:安全性:★★★★★/値段:★★☆☆☆/味:★★★★★>

カナダ原産、信頼できる生産者が作ったオーガニックで安全な食材を利用し、穀類不使用、自然の成分で天然保存、タウリンの摂取ができる、国際的評価がとても高いキャッツフードです。

値段は340g⇒1,458円、2.27kg⇒7,344円。

価格は少し高めですが、猫の健康をよく考えたキャッツフードです。

・MonPetit

<おすすめ度:安全性:★★★☆☆/値段:★★★★★/味:★★★★☆>

オーストラリア原産、店頭でもよく見かけるお手頃商品で肉や野菜を利用しています。

気になるのは添加物をある程度使用している所です。

値段は600g⇒468円で、ジッパーのついた袋に入っているため保存も便利です。

ロイヤルカナン(猫)の評価や口コミは?安全性と添加物など成分は!

キャットフードカナガンの評判は?国産がいいの?

肥満猫のダイエット方法は?サイエンスやカナガンの評判は?

⑤まとめ

image

基本的に必要な栄養バランスを心がけ、フードで不足する栄養素をトッピング、おやつで補い、飼い猫の現在の状態とあった食事を選択していくのがよいのはないでしょうか。

現時点では日本のキャットフードが安全かなというイメージで購入するのは良くないでしょう。少し割高になるかもしれませんが、海外産のキャットフードも考えてみてくださいね。