シシアキャットフードの安全性や価格は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

Sponsored Links

ナチュラルフードで色々な風味、質感が楽しめるキャットフードSchesir (シシア)」、ペット先進国であるイタリア原産のナチュラルキャットフードです。

シシアキャットフードは安心して使える安全性はあるのか?価格はどの位か?

評判や口コミなどの体験談と併せて紹介していきます!

①シシアキャットフードの特徴とは?

image

創業30年以上のARGAS Delicが作るキャットフードで、世界50ヵ国以上での販売実績、高い評価があります。

無添加、無着色、化学防腐剤、遺伝子組み換え素材を使わず100%ナチュラル原材料のみによって仕上げられています。

また品質基準HACCP認証を取得しており、素材の危険性を排除していることはもちろん、人間も食することのできるレベルの素材が使われているのが魅力のキャットフードです。

様々な種類の味が楽しめるドライフードと、質感豊富なウェットフードがたくさんあるシリーズです。

Sponsored Links

②シシアキャットフードの安全性は?

ドライフードのハム味(成猫用)から安全性を考えてみたいと思います。

主原料はフリーズドライ加工を施した新鮮な乾燥ポーク肉26%(うちハムが8%)となっています。

穀類は米、大麦、コーングルテンなどがある程度含まれています。

気になるのは肉の比率が少な目、穀類の使用率が高いことに加え、精製動物性油脂を使用している所です。品質基準HACCP認証を取得しているのに、少しガッカリしました。

精製動物性油脂は何の動物なのか具体的に書かれていないため確認をしておく必要があると思います。

その他ビール酵母やフラクトオリゴ糖などでお腹へ、亜麻仁で必須脂肪酸へ配慮されている点が良いと思います。

③シシアキャットフードの種類と価格

1.ドライ

☆サイズと値段

・400g…¥925円から

☆味の種類

・ラム、フィッシュ、チキン、ハム

☆健康状態に合わせた種類

・子猫、成猫、老猫、避妊去勢後、毛玉対策用の総合栄養食

2.ウェット

☆サイズと値段

<缶>

・50g×6個セット…¥1,069円から

・75g…¥270円から

・85g…¥302円から

<パウチ>

・50g(ゼリータイプ)…¥313円から

・70g(スープタイプ)…¥204円から

☆味の種類

<缶>

・ツナ&キヌア(グレインフリー)

・アロエ&ツナ/チキンフィレ

・ツナ

・ツナ&エビ/ハム/ビーフ/アロエ/パパイヤ/パイナップル/マンゴー/キウイ

・チキンフィレ

・チキンフィレ&ハム/アロエ/アップル

・チキン&パイナップル

・サーモン

・ツナ&チキンフィレ&ライス、ツナ&ビーフフィレ&ライス

<パウチ>

・(ゼリータイプ)

ツナ&シーブリーム/ハム/エビ/サーディン

チキンフィレ&ビーフフィレ/ムレット

・(スープタイプ)

ツナ、ツナ&チキンフィレ&エビ、ツナ&サーモン、チキンフィレ&シーバ

ス、チキンフィレ&ハム

☆健康状態に合わせた種類

・成猫、老猫用の一般食

※1日2缶/袋が目安

④シシアキャットフードの利用者の評価や体験談

☆良い評価

<ドライ>

・病気により食欲をなくしていたが、ダメもとでシシアを与えたらご飯をしっかりたべるようになり元気を取り戻すきっかけとなった。

・ガツガツ食べた、小粒で食べやすそう。

<ウェット>

・気難しい猫でもこのシリーズはよく食べ続けてくれる。

・含まれる具をほぐして与えたが、スープの方がおいしくて食べやすそうだった。

・チキン&ライスが特においしそうな匂いがする。

☆悪い評価

<ドライ>

・悪い評価は特に見当たりませんでした。

<ウェット>

・なかなか新しい缶詰を気に入ってくれない猫はやっぱり食べてくれなかった。

・店舗によって販売価格が変動するためよく確認した方が良い。

Sponsored Links

⑤まとめ

ドライフードで安全性の分析をしてみましたが、多彩な風味と質感のあるウェットフードのほうが人気が高いようですね。

いつもドライフードをあげている場合に、たまにウェットフードをあげてみると猫ちゃんも喜んでくれるかもしれません。

ウェットフードは特に見た目もおいしそうで、猫に与える私たちも楽しめるキャットフードですね!