ティンバーウルフの安全性や価格は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

Sponsored Links

野生に近い新鮮な素材品質にこだわりのある「TIMBERWOLF(ティンバーウルフ)」、ライオンのパッケージが印象的なキャットフードです。

ティンバーウルフは安全な素材を使用した安全性あるキャットフードなのか?

買い求めやすい価格なのか?

評判や口コミ、体験談と併せて紹介していきます!

①「TIMBERWOLF(ティンバーウルフ)」とは?

image

野生がキーワードですね!イメージとしてはワイルド?!

ただ、野生の動物の食事に近い品質のペットフードではあるけど、室内で飼われるペットにとっても最適な栄養が摂れる食事であると考え作られているキャットフードです。

野生動物が狩りで得られるような新鮮な素材(動物)に近い必要な栄養成分を含むフード作りにこだわりがあります。

ティンバーウルフシリーズは犬猫用にそれぞれドライフードの取り扱いがあります。

Sponsored Links

②ティンバーウルフの安全性は?

キツイ匂いというわけではないですが、カレーの様なスパイシーな匂いがするキャットフードのようです。

カレー?!

少し鼻にさすような感じですかね。

ノーグレインで仕上げてあり、メイン素材の動物性タンパク質はチキン(肉)やニシン(魚)、瞬時に素材を粉末化させた噴霧乾燥チキンレバーを使用しています。

猫の食事に欠かせない動物性タンパク質にミートミールは使用していないため、タンパク質の品質は良いと思います。個人的にはこの点は高評価です!

嗜好性を高める効果がある噴霧乾燥チキンレバーやチキンを使用しています。

動物性油脂は栄養価の高い鶏脂肪のみ、野菜類は素材そのものと乾燥させたものを使用、その他には有機海藻などオーガニックな素材も使用しています。

その他、ビタミン類や善玉菌、タウリンなどの栄養成分も多数含まれています。

フード全体に素材比率は「動物性原材料80%、野菜・果物・ハーブ20%、穀類0%」となっており猫に適した比率と言えるのではないでしょうか。

またエトキシキン、BHA、BHTなどの酸化防止剤が検査によって検出されていないことも公表されている検査結果によって証明されています。

安全性の面から考えて気になるといった点はほとんどない良いフードだと思います。

Sponsored Links

③ティンバーウルフの種類と価格

ドライ

☆サイズと値段

・1.36kg …2,8000円(税抜)

※1.36kgにはチャックあり

☆種類

・SERENGETI FORMULA(セレンゲッティフォーミュラ)

☆健康状態に合わせた種類

・全年齢用の総合栄養食

④ティンバーウルフの利用者の評価や体験談

☆良い評価

・アレルギーも出ず食いつきもよかったため、ローテーションに加えた。

・封を切ると猫がせっついてくる、便の調子がよくなり、臭いも減ったと感じる。

・よく噛んで食べるため早食いしないようになった。

☆悪い評価

・猫の体質に合わなかったためか痒み、軟便になり、水を飲む頻度が多くなり頻尿になった。

・値段が高め。

・最初しか食べなかった、大人の猫には不評だった。

素材からすれば結構いい商品なんですけどね・・・でも、猫ちゃんが食べてくれなければ意味はないので。

調子が良くなったといった声の反面、合わなかったため体調を崩した等の声も見られるため、猫の体質に合うかどうか確認が必要かもしれませんね。

Sponsored Links

⑤まとめ

狩りで得られる獲物の様にほとんど穀物を含まず、品質の良い肉素材などを使用し、人の手を加えて加工したような肉素材を使っていない良いフードだと思います。

カレーのような匂いがするといった点や、好き嫌いの分かれるなどの評価がある点が少し気になりますが、品質は良い方のフードだと思います。