猫が吐くのは病気?色や嘔吐物別の原因や対処法は?

Sponsored Links

が「吐く」行動をした時に、適切な判断が必要になることはご存知でしょうか?

もしかしたら、その「吐く」は病気のサインかもしれません。

「吐く」ことから考えられる病気の可能性について嘔吐物・状態から見てわかる事、原因対処法について紹介します。

①猫が吐くのは病気?!

Sponsored Links

突然のことに驚いたり、心配される方が多いと思います。

ただし吐くことすべてが病気のサインではなく、病気かどうかの判断が必要です。病気になってしまったとバタバタ慌てないでくださいね!

もし飼い猫が吐いている様子が見られたら、一つ一つ落ち着いて対処していきましょう。

②猫が吐く理由は?

猫, リラックス, リラクゼーション, 残り, 自然, セレニティ

☆猫にとって「吐く」とは?

猫は健康な状態でも吐くことがあり、いくつかある「吐く」理由を知っておくことが大切です。

・添加物たっぷりのフードを食べた。
・単純に食べ過ぎた。
・丸飲みした。
・食事時間以外におやつをもりもり食べていた。
・高齢猫に合わないフード(脂っこい、若年用等)フードを与えた。
・ドライフードの代わりに草を食べている。
・体内の消化酵素が少ない体質であるため吐いた。

☆「吐く」に関係する病気は?!

Sponsored Links

慢性胃炎、胃潰瘍、異物による嘔吐(誤食)、幽門狭窄、胃の腫瘍、機能性胃炎、炎症性腸炎、汎白血球減少症、便秘、肝リピドーシス、肝性脳症、門脈体循環シャント、中毒、尿毒症、喘息、膀胱炎、糖尿病、トキソプラズマ症、膵炎、食道炎、糸球体腎炎、子宮がん、子宮蓄膿症、緑内障、リンパ腫、横隔膜ヘルニア

数えるだけでも大変ですね。

専門的なことは病院へ行くのが一番ですが万が一の時あわてないために、嘔吐物から分かる猫の健康状態把握方法について以下へ記載します。

③色や嘔吐物別の原因や緊急性や対処法は?

野良猫, 猫, ネコ, ホームレス, 毛皮, 子猫, ストライプ, 動物

嘔吐物の色と状態:黄色い液体

緊急度:★☆☆☆☆

・考えられる健康状態:逆流した胆汁と考えられる(空腹時、起床後の食事前などに多い)。

・対策方法:食事回数を増やす。

・病院へ行くかの判断:2~3日連続で同じ症状が起こる。

胆汁嘔吐症候群や何らかの病気の可能性、食道炎や胃炎併発の危険性もある。

嘔吐物の色と状態: 透明な液体、白い泡

緊急度:★☆☆☆☆

・考えられる健康状態: 胃液と考えられる(空腹時、起床後の食事前などに多い)。

・対策方法:食事回数を増やす。

・病院へ行くかの判断: 嘔吐物に異物が含まれている、嘔吐後に元気がない、食欲がいつもよりない、吐く回数が多い。

繰り返し吐き続けることで食道炎、胃炎を誘発する可能性がある。

嘔吐物の色と状態:ピンクもしくは赤い液体

緊急度:★★★★☆

・考えられる健康状態:口内炎、胃炎、ネコ回虫症、胃腸炎、口内もしくは内蔵などの消化器系からの出血(誤食など)

・病院へ行くかの判断:病気・ケガの可能性が高く、出血の可能性があるためすぐにでも病院へ行きたい状態と考えられる。

嘔吐物の色と状態:茶・コーヒー・赤みを帯びた黒い色の液体・固形物・ドロッとした物

緊急度:★★★★★

・考えられる健康状態:胃・腸などの内臓出血

・病院へ行くかの判断:病気・ケガの可能性が高く、出血の可能性があるためすぐにでも病院へ行きたい状態と考えられる。

吐く以外の症状(嘔吐物のにおい、状態、発熱の有無など)をよく見ておく必要がある。

ひとまず様子を見ても大丈夫そうな状態

・吐く回数が週に1回あるかどうかである。

・大きな体調変化(体重の増減、食欲の有無、排便状態が下痢になる等)は見られない。

・普段と変わらず元気そうである。

④猫が吐いたときの準備や対処は?

猫, 二日酔い, 国内の猫, ニャー, 呼び出し, 赤, Mieze, ペット

1)問診に備え、体調を記録したメモを作成する

タイミング、頻度、吐いた前後の体調変化(吐こうとしても吐けない様子はないか、元気があるか、咳、発熱、よだれがあるなどの変化)の有無、嘔吐物の内容・状態・混合物の有無 (スマホで撮影するなど) を説明できるようにすると良いでしょう。

2)キャリーに入れて病院へ

・安心できるようキャリーにはカバーをかける。

・おもらししても良いようにタオルやペットシーツを敷く。

「猫が吐く」についての関連記事

Sponsored Links

老猫がご飯食べない時どうする?食欲不振で吐くのは病気?

猫が餌を吐く?胃液や泡状は大丈夫?

猫が吐く原因は?ピンクや黄色の液体は注意?

猫が吐くのはストレスが原因? 毎日吐く頻度は多いと危険性が高くなる?

⑤まとめ

image

緊急度の低い「吐く」でも回数が増えたり、頻度が上がることで何かしらの病気を発症してしまっている可能性があります。

飼い猫の健康維持の視点から「吐く」行動についてしっかりと理解を深めておきたいですね。