老猫がご飯食べない時どうする?食欲不振で吐くのは病気?

Sponsored Links

「あれ?今日は飼い猫がご飯を食べない・・・」

昨日まではあんなにもりもり食べていたのに・・・。

猫も老いてくると1日1日で体調が変化します。

食欲の件で心配になる時が多くあるかもしれません。

食事不振でも元気な場合もあるし、なんとなく元気がないように見えることもある、どう対処したらいいか迷ってしまう、こんな猫の状態について対処方法や原因を考えていきたいと思います。

長生きの猫になると20歳を超えてきますので、しっかり老猫の世話を最後までやってあげましょう!

高齢猫が食欲不振で考えられること

image

歳を重ねた猫は食欲に波が出がちです。

とくに食事をとらない場合、体の衰えから食事をとらなくなった可能性や、食事に何か気に入らないことがあり食欲不振に陥っている、そもそも感染症や病気で食事をとらなくなったなど色々考えられることがあります。

体の衰えから食欲不振

体の衰えの点から考えられることとしては、鼻が利かなくなってきた可能性があります。

食べたくても、目の前のものが食べ物として認識できていない可能性もあります。

もしくは食べるときの姿勢が辛いのかもしれません。

場合によっては食べ難いお皿の位置を高くすることも検討するのもよいでしょう。

また流動食しか食べられなくなる場合もあります。

その場合はスポイトを使ってやさしく猫の口に流してあげてくださいね。

流動食としては「カロリーエース」などが知られています。

食事が気に入らなくて食欲不振

Sponsored Links

猫は人間の言葉を理解できる?文字がイッパイアッテナのように書けるの?

食事が気に入らないから食べないというのは、猫にはよくあることです。

若くても歳を取っていてもありますよね。

置きっぱなしになって時間の経過したドライフードは食べなくなる可能性があります。

猫は皿の真ん中のフードだけ食べて外側の古いフードばかり残すなんてことよくありますよね。

新品で見慣れないフード、いつもと違う場所での食事なども要因になる可能性もあります。

怪我や病気で食欲不振

一番注意をしたいのが、けがをしていたり、病気を発症している場合。

口内炎で食べられない

風邪を引いている

お腹が痛い(消化器の不良・異物を食べた)

下痢やおう吐をしている(腸閉塞などの各病気や感染症)

体がかゆい・痛い

など

いつもより特に元気がない場合などは病気の可能性があります。

老猫がご飯を食べない場合の対処方法

image

飼い猫の様子をよく見ることで判断できることがあるかもしれません。

以下の3点を確認してみましょう。

1.いつから食べていない様子があるか

飼い主さんが何か変えたものありませんか?

ご飯の種類・お皿・餌を置く場所、季節など。

2.餌のところまで来る様子はあるか?食べる様子は?

食べている量が減っているだけなのか、そもそも口をつけないのか?

水は飲んでいるか?

餌に飽きた・古い、ならば交換や何かトッピングを考えてみましょう。

口内炎の可能性の場合や、そもそも水も餌も全く口にしない様子があるのならば病院を検討してください。

3.猫の様子は?

元気があるかないか?

何か異物を食べた様子はあるか?

体にケガや傷む・かゆいところはなさそうか?

風邪を引いている様子はあるか?

いつもよりじっとしている様子かなど。

排便の状態なども見ておくとよいかもしれません。

まとめ

こたつの中からこんにちわにゃ

老猫になると歩く姿も本当にお年寄りといった雰囲気、体も痩せて、心配が多くなりますよね。

そんな風に歳を重ねる程一緒に居た飼い主さんなら、ちょっとした変化にも気づくことができると思います。

水さえも飲まなくなってきたら覚悟を決めないといけないかもしれません。

高齢猫が毎日元気に過ごせるよう、体調の変化には細かく注意をしていきたいところです。

猫の年齢は人間なら何歳?計算方法と平均寿命は?