猫ミヌエット(ナポレオン)の飼い方や値段は?性格や特徴は?

Sponsored Links

短い足、もこもこの毛並みがなんとも愛らしい猫「ナポレオン」。

2015年5月に「ミヌエット」に改名されました。

改名理由は、ナポレオンという固有名詞を使うことに対して本国より注意されたみたいですね。

その丸々とした体はまるで毛玉にくりくりの眼がついているかのよう。

そんな猫「ナポレオン」についてご紹介します。

猫ナポレオン(ミヌエット)の特徴は?

64

写真:引用サイト

猫「ナポレオン」は、短い足が特徴のマンチカン・美しく長い被毛が特徴のペルシャグループを人工交配させた猫です。

まだまだ国内でも個体数が少なく認知度の低い猫といえるでしょう。

毛質は短・長毛両方あり、さまざまな色のタイプの子がいます。

触り心地はふわふわやわらかいです。

体重は小さめ、2~4kg程。

目の色は主にブルーやグリーンで、大きい瞳は垂れ目がちになっています。

全体的に丸みを帯びているのが特徴で、耳も垂れています。

寿命の目安は約12~14歳、ほかの猫に比べて短めではありますが、大切に扱うことでもっと長生きしてくれるかもしれません。

ナポレオン(ミヌエット)の性格は?

image

甘えん坊で従順、警戒心は少なめ、明るく穏やかな性格、好奇心旺盛で活発に遊ぶのが大好きな所があります。

人に対しての警戒心が少なく、来客に対してあまりストレスを感じない方です。

色々な物に興味を示して遊びたがる所があります。

懐きやすいため飼いやすい猫といえるかもしれません。

ナポレオン(ミヌエット)の飼い方

生活環境

小さな体ですが、活発に動くことを好みます。

キャットタワーやおもちゃなどで猫自身が一人で活発に遊べる環境を整えることや、本人が望む場合には一緒に遊んであげることも大切でしょう。

ただし、やはり猫なので本人が望まない場合の構いすぎには注意したいところです。

適切な食事管理に気をつけてあげることで、もともとの筋肉質な体を保ち太りにくくすることができます。

どちらかというと太りやすいため、気をつけたいところです。

お手入れ方法

Sponsored Links

キンカローの性格や値段は?平均体重や飼いやすさは?

キンカローの性格や値段は?平均体重や飼いやすさは?
猫にも、いろいろな種類がありますね。中でも、キンカロー(通称マンチカール)はかなり人気があります。 愛らしい耳と、短い足とかわいい目で私たちを虜にします。 実は、キンカローは1990年代、テリーハリス氏...

被毛はダブルコートで外側と内側に厚く毛が密集しています。

換毛期には特に毛が抜けることが予想されます。

また抜け毛が多いため、特に室内や洋服への影響も少し考慮した方がいいでしょう。

もともとの毛質がとても柔らかいこともあり、普段からブラッシングは多めにしてください。

長毛の場合毎日2回程はブラッシングが必要だったりと、被毛のお手入れにはちょっと手間がかかりそうです。

ブラッシングによるスキンシップがたくさんできるという点では、そういったことが好きな飼い主さんには特におすすめです。

かかりやすい病気など

心臓疾患・のう胞腎・眼病・呼吸器疾患など、交配の元となった猫からの遺伝性・先天性疾患の病気にかかりやすいといわれています。

激しい運動をしていないのにも関わらず息が上がっていたり、苦しそうな様子があったり、運動自体を嫌がったり、目ヤニ、目をかゆがっている、目の下が異様に濡れている場合などは病気の恐れもあります。

特徴的な病気についてはこういった症状がないか普段から様子を見ておくことが必要です。

あとは一般的に様子のおかしい所がないか、ごはんを食べる様子、トイレなど、普段から少し気を付けて観察してあげましょう。

ナポレオン(ミヌエット)の値段は?

image

子猫か成猫かによってもことなりますが、ペットショップやブリーダーの直販で約7~25万円程

認知度の低い猫のため、里親になれるかは探してみてどうか、というところでしょう。

まとめ

かわいらしく優雅な見た目でついつい飼いたくなってしまう猫ですが、ちょっと手間がかかるかもしれません。

お世話が苦にならない人は検討してみてください!

優雅な見た目の割に懐きやすく可愛らしいナポレオンは、ついつい構いたくなってしまう猫ですね。

HKT指原莉乃のミヌエット五郎を可愛い画像と共に紹介!

指原莉乃の猫ミヌエット五郎の値段や性別や種類は?かわいい画像

指原莉乃の猫ミヌエット五郎の値段や性別や種類は?かわいい画像
サッシ―ことHKT48の指原莉乃の2匹目の猫ちゃんが公開されました! まずはかわいい画像をご確認ください! 1匹目の猫の種類がマンチカンでどことなく似ていますね。 きっとサッシ―は短めの足が好きなのですね...