ペットショップで猫を購入するときの注意点は?病気や保証は大丈夫?

Sponsored Links

ペットショップでは可愛い猫がたくさん展示されています。

一目ぼれした猫をすぐにお家に連れて帰りたくなりますが、ペットショップで猫を購入するときにはどのようなことに注意したらいいのでしょうか。

今回はペットショップで猫を購入するときの注意点、病気や保証についてお話ししていきます。

1 ペットショップで猫を購入するときの注意点は?

1-1 動物取扱業の登録がされている

猫, 深刻, 概要, 甘い, かわいい, 動物

猫や犬を販売するためには動物取扱業の登録が必要とされています。

悪徳業者の場合、登録をせずに販売しており猫の管理も行き届いていません。

ちゃんと登録されているペットショップで購入しましょう。まずは「登録」を確かめてくださいね。

1-2 店内が衛生的

ペットショップ内やケージがキレイに掃除されているか、悪臭がしないかをお店にいき確かめましょう。

多少の臭いは生き物を取り扱っているお店では仕方ありませんが、度を過ぎる悪臭は、ペットショップでの掃除が行き届いていない証拠です。

また、猫が展示されているケージは、猫にとってのお部屋です。

排泄物がケージ内に落ちていても長時間そのままにしているお店は要注意です。子猫が踏み体に排泄物がつくなど不衛生です。動物への愛情が足りていない証拠です。

1-3 店員の対応が丁寧で知識が豊富

ペットショップの店員は販売することが仕事です。

しかし、猫の生態や飼い方など知識が浅く、ただ売ればいいと思っている無責任な店員も中にはいます。

ペットショップで購入するときには知識があり、わからないことに対し丁寧に答えてくれる店員がいる場所で購入しましょう。

特に子猫を飼育するときにはトイレやキャットフードの他にもかかりやすい病気、ワクチンのことや猫の性格についてなど事前に知っておきたいことがたくさんあります。気軽に相談に乗ってくれるペットショップがいいですね。

購入後にもペットショップにはキャットフードや猫砂をを購入したりと行く機会が多いです。

何かと困ったときに親身になってくれるペットショップを選びましょう。

2 ワクチン接種済みかどうか

猫, 2 つ, 黒, ギリシャ, 動物, 動物の世界, 肖像画, 猫の肖像画

ペットショップで販売されている子猫のワクチン接種がきちんと記載されているか確かめましょう。

Sponsored Links

子猫の場合はワクチン1回目が生後8週頃となります。母猫からの免疫がなくなり病気にかかりやすくなるためワクチンは打たなければいけません。

1回はワクチンを打ち終わっている子猫を購入するのがいいでしょう。

子猫はとても可愛いため早くお家に連れて帰りたくなりますが、早い時期に母猫と離すのは子猫にとってよくありません。

8週頃までは母猫や兄弟と一緒に過ごし猫社会を知り、心や体の成長にとってもいいのです。

3 病気の猫を販売していないこと

猫, ネコ, 探している, かわいい, リクライニング, 家畜化された

ペットショップで販売されている猫の様子をしっかり確認しましょう。

・明らかに元気がない。ほぼ動かない。

・顔、お腹周りなどげっそりと痩せている

・毛がボサボサで毛色が悪く栄養が足りていない  など

こういう場合は病気の可能性もあるので要注意です。

食事管理や子猫の世話ができていないところでの購入は避けましょう。

ペットショップの中で風邪が流行っていたり、生まれつき体が弱い猫も店頭にいることもあります。購入時に気になるところがあったら店員に質問してみましょう。

子猫を抱っこし、目やにが出ていないか、毛艶はいいか、肛門が汚れていないか、ノミがいないかなどしっかりチェックしましょう。

4 保証内容をチェックする

猫, かわいい, 動物, ネコ, 毛皮, 家畜化された, ハローキティ, ペット

ペットショップでの購入時には、万が一のときに安心な保証がついているか確認しましょう。

保証は、お店により多少内容は変わります。

例として、購入した猫を自宅に連れて帰って1カ月間、保証内の病気で死亡した場合、これから飼育していくのが難しいと獣医により診断された場合に生体代金を全額返金するとの保証をしてくれている場合もあります。

返金の他に同じ種類の猫を代わりに提供することもできます。

どの病気で死亡してしまったのか、先天性疾患によるものなのかなど内容により保証が変わっていきます。先天疾患を知ったうえで購入し、死亡に至った場合は保証されないこともあります。

また、怪我や事故によるもの、飼い主の不注意の場合は保証外となります。

5 購入時に契約書が交わせる

猫, ペット, 動物, グイン, ブラック, 哺乳動物

猫を購入時には書面での契約書があるとトラブルになりにくいでしょう。

保証内容においても書面で残されていないとペットショップ側と何かあった場合に対応が難しくなります。

契約書をちゃんと隅々まで読むようにしましょう。

6 まとめ

image

ペットショップで猫を購入するときは、一目ぼれで決めるのはやめましょう。

動物取扱業の登録

・ペットショップの清潔さや店員の知識が豊富かどうか
・ケージでの猫の様子

・ワクチン接種済みかどうか

・保証内容

など確認するようにしてくださいね!

長い時間を共に過ごす家族の一員です、しっかりとしたペットショップで購入しましょう。

関連記事

猫を2匹目飼う時の注意点は?1匹目との相性・性別や対面方法は?

無印良品の猫草栽培セットの値段や評判や口コミは?育てるコツは?

子猫にトイレを覚えさせる方法やコツは?しつけのタイミングは?

子猫の飼い方や育て方は?ケージやミルクなど必要な準備物は?

子猫の目の色は青から何色に変わる?色の種類と変化の仕組み?