ロイヤルカナン(猫)の評価や口コミは?安全性と添加物など成分は!

Sponsored Links

皆さんの中には、ロイヤルカナンのキャットフードを動物病院などでオススメされた方もいるのではないでしょうか。

獣医さんが提案するものなので、疑うこともなく「猫のために」と購入されているかもしれませんね。

ここで改めて、ロイヤルカナンのキャットフードについて評価や安全性など調べてみましょう。

さくら
当サイトで50種類近く徹底的に分析してきた結果をもとに、人気ランキング形式でキャットフードおススメBEST10を発表していきます!

ロイヤルカナンってどんなキャットフード?

ロイヤルカナンは南フランスの獣医さんが「ペットに起こる身体のトラブルをフードで改善したい」という想いで開発したペットフードです。

品種、年齢、健康状態に合わせたフードが開発されていて種類が豊富なため、専門的知識を持った人に選んでもらうようお勧めされています。

プレミアムフードの部類に入り、価格は高めです。

真っ二つに分かれる?気になる評価や口コミ

Sponsored Links

さて、そんな良いことづくめのようなロイヤルカナンですが、評価や口コミはどうなのでしょうか。

賛成派

毛艶が良くなった、便の調子が改善された、など健康面で向上が見られたコメントが多く見られます。

また、猫自身の好みも関係してくるところではありますが、食いつきが良くなったとの評判や口コミもあります。

反対派

一方で、原材料や添加物に疑問を抱き「信用できない」という飼い主さんも少なからずいるようです。

原材料を考えると割高と訴える方もいらっしゃいます。

果たして原材料からみると、ロイヤルカナンは良いキャットフードと言えるのでしょうか?

原材料から見る安全性、発ガン性物質BHAが入ってるけど大丈夫?

image

ロイヤルカナンの原材料で、不安視される物について一つひとつ見ていきましょう。

【家禽ミート】

家禽の種類として、人の食用として育てられた鶏・七面鳥と説明されてます。

ロイヤルカナン社では、人が食べないものでも動物にとって良い栄養源となるものであれば「新たなたんぱく源」として利用する研究が進められているようです。

そのような方針の一環で家禽ミートが使われているのかもしれませんね。

ちなみに、どの部位が使われているかまでは説明されていません。

【超高消化性たんぱく】

消化率90%という吸収力に優れたたんぱく質らしいのですが、これ以上詳しいことは分かりません。

【穀物類】

炭水化物源として利用しているようです。

猫は消化の悪い穀物を苦手とする生き物ですが、ロイヤルカナンではその消化スピードや血糖値の上昇をコントロールするべく穀物を使い分けているとのこと。

また、肉類から摂れない栄養を補給するためにも利用しているようです。

【動物性油脂】

嗜好性を高めるために使用しているものと思われますが、具体的にどういった油脂かは説明されていません。

【酸化防止剤 BHA・没食子酸プロピル】

キャットフードに含まれる脂肪分の酸化防止のため入っています。

過酸化脂質に変化してしまうと猫の健康に影響を与えかねず、キャットフードの風味や栄養価を保つために必要とのことです。

心配されている発ガン性物質BHAですが、発ガン性が認められないほど微量であり、2日ほどで体内から排出されるため蓄積もされません。

没食子酸プロピルもメジャーな酸化防止剤でありバターなどに含まれるものですが、植物タンニン(ポリフェノール)が原料の比較的安全な物質で、使用基準内であれば問題はないとされています。

【保存料ソルビン酸カリウム】

腐敗を抑制するために使用されています。

こちらも発ガン性などが認められてはいますが、よほど毎日基準量の数百倍ほど大量に摂取しなければ、体に害を与える可能性は極めて低いとのことです。

添加物に拘るあまり酸化防止剤や保存料の入っていないキャットフードを選んだとしても、酸化しないようしっかり管理できないのであれば、かえって猫の健康に悪影響を及ぼすことになってしまいます。

一概に「入っているから危険」「入ってないから安心」と判断するのではなく、飼い主さんの価値観に委ねられるところだと思います。

まとめ

image

健康を第一に考えているという点では他のプレミアムフードと同じではありますが、「ナチュラル」ではない印象を強く受けました。

効率的にバランスよく栄養が摂れる事に重点を置いて作られているように感じます。

例えるのであれば、サプリメントを摂るか、食生活を見直すか、のような違いかもしれませんね。

ちなみに、我が家の猫は小さい頃病気がちだったこともあり、ロイヤルカナン一筋でしたが、気付けば元気いっぱいに成長し17年生きました

健康面で不安のある猫にとっては、療養食として研究されているため良いキャットフードと言えるかもしれません。

BEST10も不要! BEST3だけ早く知りたい方はこちらをクリック!
>>キャットフードおすすめ人気ランキング栄光のBEST3!!!

コメント

  1. 山本弘樹 より:

    初めまして、山本と申します。猫ばあちゃんのブログを初めて知り、拝見して良くキャットフードや、猫の行動からくる健康チエックなど内容が素晴らしくて尊敬しています。
    私も猫2匹飼っていて7歳と8歳の去勢している雄です。
    特に8歳のしんちゃん親分は賢いのですが朝の5時からリードを付けての散歩が日課で最近風邪をひいてしまいました(笑)
    家の2にゃんの健康のために時々ブログを見させて下さいね。
    ありがとうございます。

    • 猫ばあちゃん より:

      山本さん、ogiharaさん経由でありがとうございます!猫2匹飼っておられるのですね^^朝5時からの散歩、すごいですね!また、ブログ拝見くださいませ。