猫の寒さ対策は?寒がりの場合の部屋温度や留守番は?

Sponsored Links

すっかり寒くなりましたね。こたつが恋しい季節です。

寒さ対策をしないといけない季節になりました。

今回は猫の寒さ対策と、寒がりの場合の部屋温度を何度に設定すればいいのかや留守番はどうしたらいいかをお話ししていきます。

1 猫の寒さ対策

Sponsored Links

寒くなってきて猫の寒さ対策を考えないといけない季節になりました。

猫は暖かい場所が大好きです。猫ってお家の中の暖かい場所を検知するのがとても得意なんです。

太陽が当たる窓辺や、ヒーターの前、こたつの中、ホットカーペットの上など、暖かい場所から動かないですよね。膝の上にすぐに乗ってきて困ります 笑

猫ハウスの場所を工夫

Sponsored Links

まずは猫ハウスは、窓から離れた場所に置くのがおすすめです。冷気が苦手な猫のために、床からの冷え対策もしてあげましょう。

猫のハウスの下に何か敷いてあげるといいです。

例えば、段ボールやマットは、ハウスに冷気が直接いきません。冷気対策を行うだけで快適に過ごせます。

また、猫の寒さ対策として、お腹を温めるといいです。

眠っているときにお腹を温めることで体がぽかぽかし快適に眠ることができます。

湯たんぽやカイロなどをタオルなどで包んであげるといいでしょう。

2 猫の寒さ対策グッズ

寒い冬におすすめなのが、毛布やブランケットです。

1枚敷いているだけで暖かさが違います。人間用、ペット用など大きさも柄も様々のものが売られています。

また、冬にピッタリの猫ハウスや猫ベッドなどもペットショップに置いてあります。

モコモコやフリース素材など冬仕様で、見ているだけで暖かく感じます。

猫ちゃんが好きそうなものを用意するのもいいでしょう。

それから、上記したように湯たんぽやカイロも寒さ対策に適しています。

湯たんぽでお腹を温めると体の冷えから守ってくれるんです。猫用の湯たんぽも売っているので、寒い冬にいかがでしょうか。

人間用でももちろん使用できます。

3 猫が寒がりの場合の部屋の温度

子猫, 猫, ふわふわ猫, かわいい, 動物, 毛皮, クローズ アップ

猫が快適な部屋の温度は、20度と言われます。

エアコンや、ヒーターを使う際には、室温がだいたい20度くらいであれば猫が過ごしやすい温度になります。

シニア猫の場合は、23度が適温となり、若い猫よりも暖かくしてあげましょう。

このときに、からっからの湿度になるとウィルスに感染してしまうリスクが増えるため湿度50~60%を保つようにしてください。

部屋に濡れたタオルを干しておくだけでも乾燥を防ぎます。

冬の間は室内で洗濯物を干すと乾燥予防にもなりますし、洗濯物の乾きも早いでしょう。

4 冬の旅行中の猫のお留守番は?

猫, 動物, 雪

年末年始に帰省したり、旅行に行ったりで猫だけでお留守番させることがあるかと思います。

そのときに気を付けてほしいことが、寒さ対策で暖房器具をつけていくのは止めましょう。飼い主がいないときに火事が起こってしまうことがあるからです。

可愛い猫のためと思って暖房器具を付けていきたくなるのは分かります。

万が一電気カーペットがショートし火事につながったら、猫がストーブを倒し火事を起こしてしまう怖さを考えたときに、暖房器具の使用は止めましょう。

暖房器具がついていなくても、ハウスや毛布の上で眠るので安心してください。

5 まとめ

image

今回は、猫の寒さ対策や部屋の温度、冬の旅行中の猫のお留守番についてお話ししました。

●猫ハウスを窓際に置かない

●毛布、ブランケットで温かくしてあげる

●お腹あたりの猫用湯たんぽを使ってあげる

●部屋の温度は20度~23度

●冬の猫の留守番は、暖房器具はすべて消すこと

寒い冬はまだまだ続きます。

暖房器具による火災に気をつけて猫と楽しい冬を過ごしましょう。