レオナルドキャットフードの安全性や価格は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

Sponsored Links

ペット先進国ドイツ原産の「LEONARDO(レオナルド) キャットフード」、ベターではなくベストを目指すフードです。

先進国で作られているレオナルドキャットフードの安全性は高いのか?

手ごろに購入できる価格やサイズなのか?

評判、口コミ、体験談と併せて紹介していきます!

①「LEONARDO(レオナルド) キャットフード」とは?

image

ドイツでの厳しい基準をクリアしたプレミアムフードより優れたスーパープレミアムフードです!スーパープレミアム!と聞いただけで高級感漂いますね~^^

ドイツの動物飼料法(FMG)に準拠した素材・製法によって自社工場で作りあげたフードであり、猫に必要な栄養成分は作り上げたフードからすべて補給できるように仕上げています。

そのため、余分な成分を添加しないことはもちろん、人工着色料・香料・保存料などは一切使用していない安全性の高いフードです。

Sponsored Links

②レオナルドキャットフードの安全性は?

グレインフリーのドライフードから安全性を考えてみたいと思います。

主原料は家禽肉ミール、アマランサス、ポテトデンプンとなっており、家禽肉ミールは人間用の素材として利用するダックの肉であるため良い品質の素材を使用していると考えても良いと思います。

穀物であるアマランサスはスーパーグレインと呼ばれ、栄養価が高く消化効率に優れています。

また、グルテンを含まない素材でありアレルギー反応がほぼ出ない素晴らしい素材として注目を集めています。

動物性油脂はダックのみ、その他の素材にダックレバーやオキアミ(海洋動物プランクトン)、酵母、亜麻仁などが含まれています。

ビタミン、ミネラルの表記はありませんが、フードからしっかり吸収できるように作られているようです。

きちんとした素材から必要な栄養成分をしっかり補給できるフードで、安心感のある良いフードだと思います。

③レオナルドキャットフードの種類と価格

1.ドライ

☆サイズと値段

・300g…¥898円から

・400g…¥880円から

・1.8kg…¥4,273円から

・2kg…¥3,597円から

☆味の種類

・ダック&ライス

・ラム&ライス

・オーシャンフィッシュ

☆健康状態に合わせた種類

・子猫用、成猫用、高齢猫用、肥満傾向の猫用、大型猫用、グレインフリー

2.ウェット

☆サイズと値段

<パウチ>

・85g…¥271円から

<缶>

・100g/200g…¥282円から

☆味の種類

<パウチ>

・ミートメニュー

・フィッシュ&シュリンプ

・ピュアビーフ、チキン

・ポートリー&サーモンオイル(キトンのみ)

<缶>

・ レバー、家禽肉、ウサギ肉、海洋魚

・オーシャンフィッシュ&ライス、ラムハート&ライス、ダック&ライス

・シュリンプ&ベジタブル、ビーフ&ベジタブル、ターキーハート&ベジタブル

・ピュアチキン(キトンのみ)

④レオナルドキャットフードの利用者の評価や体験談

☆良い評価

・成分内容が良い。

・かなり強い匂いの中にリンゴの風味がある。

・子猫用フードへの切り替え目的にこれまで使用していたフードと混ぜたが、レオナルドを先に平らげる。

・食いつきが良くお腹の調子が良い。

☆悪い評価

・使用し始めてから軟便下痢傾向がみられたが、フードを変えたためなのか見極めたい。

・値段が高い。

主に子猫用フードについてレビューを書かれている方が多く子猫用の利用者が多いのかなといった印象のキャットフードです。

Sponsored Links

⑤まとめ

自然で品質の良いと思えるフードで、添加物がほとんどない点にとても安心感の持てるキャットフードだと思います。

少ないサイズからお試しできる点もポイント高いですね!