ジャバニーズの値段と性格と飼い方は?カラーポイント・ショートヘアーとの違いは?

Sponsored Links

ジャバニーズというをご存じですか?

あまり有名ではない猫なのですが、基本シャム猫と同じ系統ですね。

今回は、ジャバニーズの値段と性格と飼い方、そしてカラーポイント・ショートヘアとの違いについてお話ししていきます。

1 ジャバニーズの歴史

image

ジャバニーズの歴史は、1940年頃から始まっています。繁殖が始まったのは1940年のことですが、公認されたのは1987年と30年も経っていません。

原産国は、アメリカです。

ジャバニーズという名前は、『ジャワ島の踊り子』をイメージして名づけられました。

原産国のアメリカと、名前は無関係だそうです。

カラーポイント・ショートヘアとの違い

Sponsored Links

ジャバニーズは、カラーポイント・ショートヘアがたまに産む、被毛の長い猫が元となり作られています。

カラーポイント・ショートヘアのルーツは、シャム猫とアメリカンショートヘアの繁殖によるものです。

シャム猫とほとんど変わらない体格や被毛、性格を持っています。

シャム猫は4色のポイントカラーしかありませんが、カラーポイント・ショートヘアは16色ものポイントカラーがあります。

そして、カラーポイント・ショートヘアとジャバニーズの違いは、被毛の長さだけとなっています。

カラーポイント・ショートヘアーの値段と性格は?シャム猫との違いは?

スリムでしなやかな体と凛々しい顔つき、高貴な印象を纏う猫「カラーポイント・ショートヘアー」はまるで神の使いのように神秘的です。 そんな「カラーポイント・ショートヘアー」について、値段や性格・飼い方やよく似ている「シャム猫」等...

2 ジャバニーズの特徴

ジャバニーズ写真動画

Sponsored Links

2-1 目と鼻と耳

ジャバニーズの目の色はブルーで、アーモンド形で上がり気味の切れ長の目をしています。鼻筋は、長くまっすぐです。

耳は、大きくピンと立っています。

2-2 体つきと顔

ジャバニーズの体は全体的に細長いです。

首や四肢といった各パーツがすべてスリムでスラッとしています。

ジャバニーズを見た瞬間に、スリムな猫だと感じるでしょう。顔は、長く、逆三角形をしています。

2-3 被毛

ジャバニーズの被毛は中毛です。

肌触りが絹のようにすべすべとしていて気持ちがいいでしょう。尻尾の毛はもさもさっとしていて長いです。

毛色には、縞や何色が混ざった色、赤色など様々な色が認められています。

白い体をベースとし耳や四肢、口、尻尾にポイントカラーが入っているのがジャバニーズの被毛の特徴です。

3 ジャバニーズの性格

ジャバニーズは、甘えん坊で飼い主の近くにいるのを好みます。

甘えて肩に飛び乗ったり、飼い主を追っかけ、飼い主と触れ合うことが大好きな猫です。

人懐っこい性格で、人間とよく遊びます。

ジャバニーズは、とても頭がいい猫でもあります。

4 ジャバニーズの飼い方

ジャバニーズは、飼い主が大好きです。

そのため、たくさん遊んであげるとご機嫌でしょう。

そして、高い場所も好きなので、お部屋にキャットタワーを用意してあげると運動不足解消にもなります。高いところに登って物を落とされないように部屋の整頓はしっかりしておきましょう。

被毛の手入れが楽な猫で、ブラッシングは週に1回程度で十分です。

体が汚れたときには、濡らしたタオルで拭くのもおすすめです。

5 ジャバニーズの値段

ジャバニーズは、カラーポイント・ショートヘアから生まれますが、その数はかなり少ないです。

希少なため、値段も通常の猫より若干高くなることが予想できます。

おおよそですが50万円程度になるでしょう。

年に何度か旅行に行く代わりに、人なつっこくて可愛いジャバニーズを家族として迎え入れるのはいかかでしょうか。

6 まとめ

image

飼い主によくなつくジャバニーズについて今回はお話ししてきました。

カラーポイント・ショートヘアとの違いはジャバニーズの被毛の長さが長いということだけです。

それではジャバニーズと楽しい生活をお過ごしください。