ニュートライプの安全性や価格は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

Sponsored Links

反すう動物(後ほど説明)の内臓を使用した野性的なウェットフードNUTRIPE(ニュートライプ)」、食欲が落ち気味な猫も元気になるキャットフードです。

不安に感じる方もいると思われるニュートライプの安全性は信頼できるのか?価格は?評判、口コミ、体験談などと併せて紹介していきます

①「NUTRIPE(ニュートライプ)」の特徴は?

image

人間も食べることのできる100%ニュージーランド産の安全な肉や魚をふんだんに使用した猫用ウェットフード(缶詰)で、HACCP認証を取得しています。

使用する内臓肉は漂白などの加工を施していない素材「グリーントライプ」を使用しているため素材そのままの風味や栄養分があります。

☆トライプって何?

トライプとは反すう動物の第4胃のことです。

反すう動物とは、一度飲み込んだ食物(草)を再び口に戻してまた噛む動物(牛、羊、ヤギ)などを言います。

食肉用でも内臓となると「独特の臭みがある」というイメージがありますが、猫にとってはとても美味しそうな匂いに感じられるようです。

Sponsored Links

②ニュートライプの安全性は?

フィット サーモン&グリーンラムトライプから安全性を考えてみたいと思います。

主に使用されている素材はサーモンスープ、サーモン(26.59%)、鶏肉(26.00%)、オーシャンフィッシュ(25.89%)、グリーンラムトライプ(17.80%)で1缶当たり粗タンパク質8.5%以上、カロリーは96kcalとなっています。

増粘多糖類のカシアガム、グアーガム、カラギーナンが使用されている点が少し気になりますが、それ以外で特に気になる点はないと思います。

野生動物が獲物を仕留め内臓から食べるように、トライプには肉食動物にとって最も栄養がある部分です。

また穀類・保存料・人工着色料・香料は一切使用せず仕上げています。

Sponsored Links

③ニュートライプの種類と価格

1.ウェット

☆サイズと値段

・95g…¥318円から

☆味の種類

・チキン&グリーンラムトライプ

・サーモン&グリーンラムトライプ

☆健康状態に合わせた種類

・全猫種用(総合栄養食)

④利用者の評価や体験談

☆良い評価

・フードによっては腸内から出血、軟便をする状態に悩まされていたがニュートライプを与えたところ症状が起こらなかった。

・独特の香りはあるが、気になるほど強い香りがなく開封済みでも冷蔵庫で保管ができた。

・チキンや大豆の良い匂いがした。

・とても気に入ってくれた、食いつきが良い、お代わりを要求された。

☆悪い評価

・温めると香りがキツイ。開けた瞬間ウッっとする臭いがする。

・豚モツの臭い匂いに似ていると感じた、飼い猫の好みではなかったのか一口しか食べなかった。

・缶のふち全体がゼラチンでおおわれている、と感じる程ゼラチンが多い。

・トライプは身体にいいと思うが、どこの製品も固く大きい骨が入っているため骨を取り除く手間があり大変。

フードの香りについて賛否両論の意見があるようですね。

一緒に入っているチキン、サーモンによっても香りの強さや印象がことなってくるのでしょうか?

一気に与えず小分けにして与える場合などは保存の面で工夫が必要かもしれませんね。

⑤ニュートライプのまとめ

内臓と聞くと少し戸惑いもありますね。

素材の匂いの面で、猫も飼い主共に好みが分かれるタイプというイメージですが、人間も食べられるHACCP認証を受けているウェットフードであるため安心して与えられますね。

正攻法のフードはあまり食べない猫ちゃんの場合には試してみるといいかもしれません!