猫発情で鳴き声がうるさい?避妊去勢手術の時期や費用は?

Sponsored Links

猫の発情期がどのようなものか、皆さんご存知ですか?

もしかしたらもう既に悩んでるかもしれませんね。

特徴的な鳴き声やスプレー行為などは飼い主にとって本当に悩みの種となりがちです。

鳴き声がうるさい時はどうすればいいのか。

また、避妊去勢手術をするとしたらどれ位の費用がかかるのか。

そんな発情期について詳しく見ていきましょう。

発情期の時期は?定期的にやってくる?

image

猫は主にメスの発情期に合わせてオスも発情します。

メスの発情期は年に2,3回訪れ、2〜4月6〜8月に発情する傾向があります。

これは温かい気温が子育てに適している事を、猫が本能的に知っているからです。

発情期は、2~3週間ある発情周期のうちの5~10日間ほどの間続きます

猫が発情するとこうなる!発情期の行動とは

image

発情期には次のような行動がよく見られるようになります。

【メスの発情】

・特徴的なさかり声で鳴く

・お尻を高く持ち上げる

・スプレーをする

・身体を家具や飼い主にこすりつける

【オスの発情】

・メスの鳴き声に呼応して鳴く

・スプレー行為をする

・外に出たがる

・ケンカなど攻撃的になる

この中で、飼い主にとって一番悩ましいのが鳴き声かもしれません。

発情期の鳴き声は、「うぉぉ〜ん」と大きく響く特徴的なさかり声です。

猫は夜行性なので夜通し鳴き続けることもあり、近所迷惑になるのでは、と心配する飼い主も多いようです。

また、スプレー行為も家中の家具に普段の尿とは違う特有の臭いが付いてしまい、なかなか取れません。

我が家では至る所にスプレーされたので、数年経った今でもふわっと臭うような気がします(笑)

避妊去勢手術はいつするのがベター?

Sponsored Links

もし子猫を産ませたいと全く考えていないのであれば、猫にとっても飼い主にとっても避妊去勢手術を行った方がストレスが少なく済みます

この手術のタイミングですが、猫は一度発情期を経験してしまうと、手術をしても習性が残ってしまい効果が現れないこともあります。

発情期は最短ですと、メスの場合生後3ヶ月オスの場合生後9ヶ月で始まってしまいます。

しかし、生後6ヶ月までは体力面などの懸念から病院によっては手術を受けさせて貰えないケースもありますので、生まれたら早めに病院と手術の時期について相談した方がいいでしょう。

目安としては生後6ヶ月頃に行うのがベターと言えそうです。

また、手術をしたからといって必ずしも効果があるわけではありませんので、ご注意下さい。

避妊去勢手術代はどのくらい?

手術代はオスの去勢手術よりもメスの避妊手術の方が高い傾向が見られます。

オスの去勢手術の費用は病院によって異なり6,000〜20,000円と差がありますが、およそ12,000円前後と言えそうです。

一方、メスの避妊手術20,000〜30,000円と言われています。

こちらもあらかじめ地域の動物病院で値段を調べた方がいいかもしれませんね。

猫の命にも関わってきますので、安ければOKという風には考えないようにしましょう。

平均的な金額におさまっていること、獣医さんが信頼できそうであるかという観点で病院を選んであげてくださいね。

まとめ

image

最近では、一代限りの飼育とあらかじめ決め、飼った当初から手術を検討している飼い主も多いかもしれません。

もし、手術をせずに外で放し飼いをするのであれば、飼い主もちゃんと責任を持たなければなりません。

メスの場合は子猫の面倒もちゃんと見れますが、オスの場合どこで子猫を作ってくるか把握できない事も多いでしょう。

発情期対策としてだけではなく、そのような事態も踏まえたうえで、猫を飼い始める前にあらかじめ手術をするかどうか決めた方が良さそうですね

猫ちゃん自身のため、飼い主のため、そしてご近所との関係を考えて発情期対策をしていきましょう!

 夜中飼い猫の鳴き声がうるさい場合の7つの対策

Sponsored Links

いつもシェアありがとうございます!

FBなどで「いいね!」もお願いします^^
 

フォローする