キャットタワーの値段や高さや安定性は?購入時の注意点、コツは?

Sponsored Links

キャットタワーって値段は高い、大きい設置するのが大変そう!なんて思われがちですがそんなことありません!色々な種類があります。

気になるキャットタワーの値段、高さ、安定性はどうなのか?購入する際の注意点、コツは?

知れば家に1個は置いておきたくなるキャットタワーの魅力をお伝えします!

①猫はキャットタワーが大好き!?

☆猫の習性が関係していた!

猫は安全で落ち着ける高い場所・狭い空間が大好きです。

冷蔵庫や本棚の上にいる猫、買い物袋や段ボール箱に好んで入る猫、よく見かけますよね。

またストレス解消や気持ちを落ち着けるために爪とぎをする習性があります。

生粋のハンターなので爪のお手入れはしっかり行いたい方ですし、木登りや高い所へジャンプするのも大好きです。

これらの猫の習性を良く理解して作られているのがキャットタワーです。

猫が大好きなのもうなずけますね!

☆キャットタワーのメリット

自由に遊べて落ち着いて寝ていられる場所・空間が設けられているのがキャットタワーのメリットです。

これらの特徴は全て上に上げた猫の習性をよく理解した作りになっています。

そのためキャットタワーを置くとそこで眠ったり元気に遊んだりする微笑ましい姿を見やすくなりますよ!

また猫の運動不足解消にはキャットタワーのような上下運動が効果的なのをご存知ですか?

運動不足からくる肥満などの病気を防ぎ、爪とぎなどのストレス発散にも最適で、心身共に健康でいるためにベストなグッズなんです!

Sponsored Links

②どんなキャットタワーがあるの?種類は?

☆キャットタワーのおおまかな特徴

種類<据え置き型><突っ張り型>
材質麻縄、木、段ボール、布麻縄、布
高さ目安(cm)80~200230~270
サイズ目安(cm)60~10050~100
安定性猫の重みや地震などの揺れにより変形しやすい。天井に固定できる。

緩み防止のため定期的なメンテナンスがいる。

ポールは2~3本あるものが安心。

価格目安¥2,000円~¥5,000円~
設置難易度置くだけ天井に固定する。

販売元によっては部分的に組み立てて郵送してくれるところもある。

※突っ張り型はポール部分のみの材質を記載しています。
※据え置き型は小さいコンパクトサイズから突っ張り型並みに大きいタイプまで種類が豊富です。

Sponsored Links

☆キャットタワーを選ぶ際に考えておきたいこと

1.部屋のどこに、どの位のサイズのキャットタワーが何個までなら置けるか?
2.別の部屋に移動させることはあるか?(部屋の模様は替えしませんか?)
3.選んだキャットタワーは猫の数、体の大きさ、年齢、活動量に合っていますか?
4.求めるものは何か?(高さ、爪とぎ、寝場所、遊び場など)

上の4つの点がキャットタワーを選ぶ基準になります。

☆キャットタワー購入時の注意点・コツ

実際に部屋へ設置したイメージを明確に持つことが大事です。

材質によってはボロボロになりやすいものもあります。多少散らかっても大丈夫な部屋に置く、掃除をするなどの工夫は必要です。

また事故防止してあるものを選びたいですね。

表面がブラッシュ生地に覆われている、棚板などの角がとってある、高い位置にある場所は縁があるなどの工夫がしてあるものを選びましょう。

パーツ交換できるものもあります。ボロボロになりがちな部分だけ交換しておきたい時に便利ですよ。

あとはとにかく安定性が高く頑丈なタイプを選ぶことですね!

Sponsored Links

③まとめ

image

キャットタワーは猫のおもちゃとしてだけでなく、健康維持にも役立つ上に飼い主により癒し効果をもたらしてくれるグッズです。

猫の性質にあったキャットタワーを思い切って購入しても損はないですよ!