猫をペットショップで買う時の注意点は?病気や値段や保証は?

Sponsored Links

年々増えるペット購入時のトラブル、巻き込まれないためにはどうしたらいいのか?

ペット購入場所の一つ「ペットショップ」で猫を買う場合の値段、保証など注意点とは?

猫の病気、保証はあるのか?トラブル対策として購入時に知っておきたい内容についてまとめていきたいと思います!

①猫はこんなペットショップで購入しよう!

1.店内、ケージ内が清潔

どんなにペットの数が多くてもしっかりと管理が行き届いていれば、店内も、それぞれのケージ内も清潔な状態に保たれ嫌な臭いもしないはずです。

Sponsored Links

2.営業時間が遅すぎない

「営業時間が長い=ペットが緊張状態になっている時間が長い」ということです。

プレイルームがあり自由に遊べる時間がないのに常にショーケースに入れっぱなし、営業時間も長いような店舗はペットの健康状態が心配ですね。

3.猫の知識が豊富な専任スタッフがいる

日々のお手入れ(爪切りなど)が行き届いていると慣れができ購入後のお手入れが楽になります。

ペットの性格、体質、特徴を熟知しているスタッフがいればしっかりと管理が行き届いている・ペットと購入者の生活環境が合うか考えてくれますし、購入後にどんな育て方をしたら良いか尋ねてもしっかり答えが返ってくるため安心です。

4.ペットの情報が全てわかっている

ブリーダーや親の情報が明確であることはもちろん、生後何日目にペットをショップに迎えたのか、ワクチン接種状況などペットに関するあらゆることを知っているはずです。

またそれぞれ対応を行っていることから各種証明書もしっかり提示できるはずです。

ペットショップで猫を購入するときの注意点は?病気や保証は大丈夫?

ペットショップでは可愛い猫がたくさん展示されています。一目ぼれした猫をすぐにお家に連れて帰りたくなりますが、ペットショップで猫を購入するときにはどのようなことに注意したらいいのでしょうか。今回はペットショップで猫を...

②確認をしておきたい注意点

1.動物取扱業登録証はある?

ペットショップを運営するためには行政の許可が必要です。

行政に認められているショップには「動物取扱業登録証」がありこの登録証に登録番号が明記されています。

2.猫の健康状態は?

毛艶がよく、元気がある健康状態が良い猫がベストです。

ぐったりしている、水・食事がしっかりと与えられていない様子はないかも見ておきたいですね。

3.猫がショップに来た日はいつ?

離乳期前のペットを譲渡することを動物愛護法で禁止しています。

ペットが離乳期を迎えるのは45日未満です。

最初に社会性を身に着けるのがこの時期、生後3~4か月は他の動物としっかり関わらせることによって穏やかな猫になります。

4.アフターケア(病気の保障)はしてくれる?

多くのペットショップでは安心してペットを購入してもらえるよう各種補償制度を設けていたり、アフターケアをしっかりと行っています。

購入したいペットを見つけたら購入する前にどんな補償制度があるのかしっかりと確認しておきたいですね。

猫保険のおススメ人気ランキングBEST3比較&口コミ、評判【総まとめ】

多くの飼い主が加入すべきか迷う猫保険、どんなものでいつ必要とされるのか?納得したうえで猫保険に入ってくださいね。猫保険に入るべきか迷っている方、どんな風に選んだらいいのか悩んでいる方へ向けて猫保険について知...

③ペットショップの保証とは?

補償期間内に先天性の病気がみつかった、ペットが亡くなった場合に返金、もしくは同等のペットと交換してもらえる生命補償や事故補償があるショップもあります。

専属獣医師の健康診断、ワクチン接種が無料になるものから、動物病院での診療が割引価格でうけられるものまでさまざまな補償をショップによって設けています。

Sponsored Links

④まとめ

image

ペットショップでの適切なペットの取り扱い状態を知るためにも、はじめて購入する場合は複数店舗を覗いてみることや、各種保証制度、金額についてスタッフに尋ねたり、複数店舗のサービスを比較してみるのが良いかもしれませんね。