猫と犬を一緒に飼える?喧嘩させない方法や注意点は?

Sponsored Links

ひょんなことからもう1匹犬猫を飼う事になったり、そもそも初めから犬猫一緒に飼いたいと思われる方もいるかと思います。

気になるのは同居する犬猫喧嘩せずに過ごしてくれるかどうか。

猫と犬を一緒に飼うにはどうしたらいいのか?そもそも一緒に飼えるのか?喧嘩をさせない方法や注意点と併せてご紹介します。

①猫と犬を一緒に飼いやすい成功パターン

1.子犬と子猫で一緒に飼う

一番成功率が高いのがこのパターンです。

理由は生後2~3ヵ月の間にある社会化期に一緒に過ごすことになるからです。

社会化期とは、コミュニケーション方法や人・動物との関わり方など社会で生きていくための習慣を身に着ける時期です。

性格が出来上がるこの時期に一緒に過ごすことによって、お互いを仲間と認識しお互いの距離感を理解するようになるからです。

2.成犬と子猫

子供同士で飼う事に続いて成功しやすいのが、成犬を飼っている家に子猫を迎える事です。

犬は面倒見が良く小さくか弱い子供に優しい性格があるため、子猫が来てもきちんと面倒を見てくれるでしょう。

逆のパターンの場合は、成猫が子犬をいじめないかが成功のポイントとなりますね。

Sponsored Links

②犬と猫の性格の特徴を把握しよう

☆それぞれの特徴

猫は独立心があり自由気ままで単独行動が目立ちます、一人でゆっくりと過ごす、遊びたい時に自由に遊ぶことが好きです。

対して犬は群れに属し協調や序列を大事にする性質があります。フレンドリーで色々なことに興味を示す反面、猫にとっては鬱陶しい存在になる可能性があります。

☆実際に猫と犬を同時に飼っている人はどんな感じか?

はじめはお互いを警戒しストレスを溜めてしまうこともあるようです。人間社会と同じでチカラ関係もストレスに影響するでしょう。

忍耐強く時間をかければ仲良くなれることもあれば、どうしても性格があわず一向に仲良くなれないこともあるようです。その場合は、やはりなるべく顔をあわさないようにする工夫をされていますね。

Sponsored Links

③どうしたら猫と犬を一緒に飼える?

☆一緒に飼うポイント!

・仲良く過ごすことを無理強いしない。
・両方とも平等に愛情をそそぐ。
・問題行動や飼い主の気を引く行動をしたら、愛情の偏りがないか確認する。

知らない者同士が一つ屋根の下で過ごすのは結構大変なことです。

犬猫が一緒に過ごしていると微笑ましいですが、犬猫にとっては見ず知らずの他人と一緒の空間に置かれている状況であることを配慮してあげましょう。

☆喧嘩を防ぐには?

・プライベート空間を設ける。

(犬であればハウス・サークル、猫ならばキャットタワーなど高い場所)。

・同じ空間が苦手な場合は居住空間を分ける。

(1階と2階など)

・それぞれのスペースを確保しどちらかが侵入できないようにする。

(特に食器、食事、食事場所、トイレ、寝床などに気を付ける)

☆注意点

・相性を見るためにも、お互いに慣れるまでしっかり監督する。
・喧嘩をしそう、もしくは喧嘩している様子をみつけたら離すなど目を離さないよう注意する。
・先住動物を優先する。(最初におやつをあげるなど)
・猫パンチによるケガを防ぐために爪切りやお手入れを行う。

Sponsored Links

④まとめ

image

ペットを同居させて飼う場合、小さな子供に接するような細かい配慮が必要ですね。

また、ペットであっても子供に接するのと同じように個人を尊重する考えが何より大切ではないでしょうか。

1人もしくは家族で複数匹のペットを飼うのか?ご自身の生活環境に合わせたペットの飼い方を考えていきたいですね!