【キャットフード】ビューティープロの価格や安全性は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

Sponsored Links

キャットフードビューティプロをご存じですか?

毛並みを美しくするという特徴を売りにしています。

今回はビューティプロの価格安全性評判(口コミ)や体験談もまとめてお話ししていきます。

1 ビューティプロの安全性

1-1 穀物メインのキャットフード

Sponsored Links

はじめに、キャットフードの原材料をみるときのポイントですが、1番初めに書かれているものが主に入っている原材料になります。

ビューティプロの場合は、はじめに穀物と書かれています。

猫の体に良い主成分は、動物性たんぱく質で、例えばチキンや魚といったものです。そのため穀物メインというのはあまりよくありません。

アレルギーの原因にもつながります。

穀物は、猫にとって消化が苦手なため体に負担がかかってしまいます。猫の健康を考えると、動物性タンパク質がメインのフードの方がいいでしょう。

1-2 ミールが使われている

image

そして、ビューティプロには、ミールという成分が入っています。

これは、猫の主食である動物性たんぱく質の代わりにミールが使われているということです。

ミールは肉だけでなく牛、鳥といった動物の死骸の内臓や毛、爪といったものを使い、肉とミックスされたものなのです。

病気が原因で死んでしまった動物なのか元気な動物がミールとなったのかはミール表示だけでは分かりません。

ミールの表示は様々なキャットフードで見られますが体にいいとは言い難いです。

1-3 動物性油脂が使われている

ビューティプロは、動物性油脂が使われています。なんの動物の脂なのか明記されていないため分かりません。

そのため、安全性といったところで疑問が残ります。

脂の酸化を防ぐために、酸化防止剤ががっつり入っていることが多々あります。

1-4 ビューティプロの良い点

ビューティプロは、着色料が使われていない点がポイントでしょう。

また、日本国内で大手のペットフード会社で作られているといったことも安心感があります。それからビューティプロは猫の体の害になる着色料が使われていません。

フード全体に使われている酸化防止剤は、天然由来のミックストコフェロールやローズマリー抽出物で安心できます。

脂に使われている酸化防止剤と、フード全体に使われている酸化防止剤は別といえるでしょう。

腎臓への負担を配慮

Sponsored Links

下部尿路用フードは、猫に多い尿路結石の原因のマグネシウムが0.075%とわずかです。腎臓の負担が少ないフードになっています。

また、毛玉対応フードで毛並みを美しくし、可愛らしいハート型のフードが特徴です。子猫、シニア用は食べやすいように薄型で小粒サイズと工夫されています。

2 ビューティプロの価格

ビューティプロは1.5kgで約1420円、1日で計算すると100円以内のキャットフードです。

特別高いこともなく、購入しやすい価格といえるでしょう。

ペットショップなどで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。通販サイト大手の楽天やAmazonなどでも売られています。

3 ビューティプロの評判(口コミ)、体験談まとめ

良い評価

・室内飼いで運動不足な我が家の猫。ビューティプロしか食べてくれません。低脂肪、日本製なところが信用でき、購入しています。

・生後11ケ月のオス猫は去勢したあと太ってきました。粒が大きくちゃんと噛んで食べているからか、なんとなく引き締まってきた気がします。毛並みがよく、ツヤツヤになりました。

・2匹の愛猫はビューティプロが大好きで、飽きることなく食べてくれます。低脂肪ですが我が家の猫たちは気に入っています。

悪い評価

・毛並みが良くなるとのことですが、効果はいまいちです。たくさん食べてくれますが、原材料の穀物(とうもろこし)が気になります。

・我が家は猫を2匹飼っていて、ビューティプロを与えていますが下痢をすることがあります。

キャットフード、餌など関連記事

Sponsored Links

猫の餌のおススメは何?キャッツフードの値段、味、安全性の比較!

キャットフードは国産か海外産どちらが安全?違いや評価は?

オリジンキャッツフードの価格や安全性は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

キャットフードを冷凍保存?正しい保存方法と容器は?

ロイヤルカナン(猫)の評価や口コミは?安全性と添加物など成分は!

キャットフードカナガンの評判は?国産がいいの?

4 まとめ

image

キャットフードのビューティプロは、原材料がよくわからない部分もありますが、猫に比較的人気のキャットフードといえるでしょう。

他のキャットフードと混ぜて与えたり食が細いときに与えたりするといいかもしれません。

着色料が使われていないところはとても良いです。

猫は、キャットフードを選べないので飼い主さんがしっかり選んであげましょう。