猫が吐く原因は?ピンクや黄色の液体は注意?

Sponsored Links

猫は比較的吐いてしまいやすい生き物ではないかと思います。

我が家の猫も頻繁に吐いていた覚えがあります(笑)。

それでも、やはり飼っている猫ちゃんが吐いてしまうと病気を疑ってしまったり,心配ですよね。

ここでは吐く原因から注意が必要な症状についてご説明します。

猫が吐いてしまった!考えられる原因は?

image

猫は人間に比べ,嘔吐しやすい生き物です。

それは,人間ならば飲み込む前に吐き出すような物でも,猫は一旦丸飲みしてしまう性質があるため。

それ故に,猫が吐く原因は生理現象で問題ないと言えるものから病気が疑われるようなものまで考えられます。

代表的な原因は次のとおりです。

早食い

猫草

毛づくろい

エサの形状・素材

空腹

誤飲

中毒

病気

ここに挙げただけでも,たくさんありますね。

注意すべき嘔吐かどうか,見ていきましょう。

嘔吐物から判断できる?注意が必要な嘔吐

液体ではなく物を吐き出したのであれば,その嘔吐物から注意が必要か判断できます。

嘔吐物別に見ていきましょう。

エサ

エサを吐いた場合は,エサの質や形状に問題がある可能性が高いです。

エサだけを吐く場合は,一度添加物や油分・形状などに注意してエサを替えてみましょう。

また猫にエサを大量に与えてしまうと,早食いしてしまいがちです。

結果,嘔吐に繋がりやすくなります。

一度に与える量は「少しずつ」を心がけましょう。

一度吐いた後,体調が良さそうであれば特段心配はなさそうです。

毛玉や草

毛づくろいをすることで,知らず知らずのうちに毛を飲み込んでしまっている恐れがあります。

その毛が胃に溜まり吐いてしまうのですが,吐かれずに胃に溜まり続けると胃炎などを引き起こす可能性があるので,吐き出した方が安心です。

さらに,胃に溜まった毛などを吐き出すため,敢えて猫草を食べ胃を刺激して吐くこともあります。

吐いた後,元気そうであれば問題なさそうです。

嘔吐物から出てくることは少ないかもしれませんが、回虫症という寄生虫が原因と見られます。

駆虫薬が有効ですが,回虫症以外の病気も疑われるので早めに病院で診てもらいましょう。

ピンクの液体,これって血?考えられる病気は?

ピンクの液体を吐いた場合,血が胃液に混ざったものと考えられ,消化器系の病気が疑われます。

病気と言っても,歯周病から胃炎,腫瘍と様々です。

血の色が赤ければ口~食道,黒っぽかったり褐色であれば胃腸の病気が疑わしいですが,自己判断せずに,すぐに病院で診てもらいましょう。

黄色の液体の原因は何?

黄色の液体を吐く場合は,胆汁が逆流していることが考えられます。

1回の嘔吐で済むなど症状が軽い場合は,空腹による可能性が高いです。

なるべく空腹の時間を作らないよう,エサを与える間隔を短くするなど工夫してみましょう。

もし数日続くようであれば,胃の運動低下が考えられ,水分も栄養も摂れない状況になり大変危険ですので,病院に連れていきましょう。

まとめ

心配いらない嘔吐というのは,一度だけで済み,その後ケロッと元気になるなど,

飼い主から見て「いつも通り」と判断できる場合に限ると考えた方が良さそうです。

たとえ毛玉を吐き出した場合でも,それが何度も頻繁に続くようであれば病院で診てもらいましょう。

さらに消化器系だけではなく,肝臓や膵臓など他の臓器の異常の可能性もあります。

猫ちゃんが吐いてしまっても,「よくあること」と片付けてしまわないようにしましょう。

猫が吐くのはストレスが原因? 毎日吐く頻度は多いと危険性が高くなる?