猫避妊手術(メス)の費用や時期は?値段を安くする方法は?

メス猫は子供を身ごもるまで何度も苦しい発情時期を迎え、妊娠をしてしまったら、あっという間に子猫が生まれます。

猫の生理など身体の仕組みを猫の生理と発情期との関係は?避妊手術をするとどうなるの?

で書きましたが、猫が年間何匹の子供を生んでいくか知らないと大変なことになりますよ!

不幸な猫を減らすためにも早めに対処したいですよね。

しかし費用面で手術を躊躇される方いらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそういった方の不安を解消するべく雌ねこ避妊手術の費用適切な手術時期避妊費用を安くする方法についてまとめていきます!

①そもそも避妊手術って?行うべき?

避妊手術はメス猫が妊娠しなくなるようにする手術です。

メス猫は年に3~4回程の発情時期を迎え、1回の出産で6匹近くの子猫を産みます。

1年に何度でも妊娠する可能性があり、避妊をしていなければその都度子猫が生まれてきます。

猫の出産にまつわる疑問については、猫の出産回数や産む数は何匹?何歳まで子供を産めるのか?の記事で詳しく書いていますので、ご確認くださいね。

猫は多胎動物なので複数の子猫を産みます。 1回の出産で産む数は何匹くらいなのでしょうか。 また生涯の出産回数や何歳まで子供を産めるのかについて、妊娠・出産の流れを踏まえて解説していきます。 1 猫の発情期 ...

さまざまな負担が大きくなるため、何匹でも猫を飼育することが可能といった方は稀な方なのではないでしょうか。

毎回引き取り手を探すのも大変ですし、1匹だけでも生涯費用として80~130万円はかかります。

これらのことを考えると避妊をするメリットは高いです。

費用面だけでなく、ストレスを減らし病気を防ぐこともできます。

②猫避妊手術の費用や時期は?

<費用目安>

¥35,000円~(東京都の場合)

(※検査や、入院の必要性に応じて費用が変わる可能性があります。)

子宮蓄膿症などの病気が発症してから手術を行うと費用負担、猫の体への負担が大きくなる可能性があります。

<手術時期は?>

生後6か月齢から12ヵ月齢の間、もしくは体重が2kg~2.5kg以上になると手術を行っている病院が多いようです。

成長度合いによっては生後4か月齢で手術を行うこともあるため、手術した方が良いかかかりつけの獣医師に診断して頂くのが良いでしょう。

▼関連記事

猫の妊娠期間と確認する方法は?初期の兆候と妊娠中の交尾は?

猫が妊娠したけど中絶はいつまで可能?手術費用や通院期間は?

③避妊手術費用の負担を少しでも安くするには?

<気になる動物病院へ費用や入院があるか等を確認しよう>

費用は検査や入院の必要性によって変わってきます。

気になる病院を見つけたら、費用、必要な検査、入院があるのか、日帰り可能なのか等細かい点を確認しておきましょう。

<助成金制度を利用する>

☆助成金制度とは?

猫の殺処分を減らすことなどを目的に、飼い主のいない猫もしくは、飼われている猫向けに避妊・去勢手術を一部負担してくれる制度です。

飼い猫の支援額は、避妊でだいたい¥9,000円位です。

野良猫の場合は、\~25,000円とほぼ半額以上支援してもらえるようです。

1万円近くの支援があれば、避妊手術も行いやすくなりますね。

☆だれでも利用できる?

お住いの地域によって対応が異なります。そもそも飼い猫では助成金を受けられない場合もあります。

地域によって異なるため助成金の内容はしっかりと把握しておく必要があります。

「ぜんこく犬猫助成金リスト」等助成金について紹介しているサイトや各自治体へ直接電話連絡して確認してみるのが良いでしょう。
【参考】ぜんこく犬猫助成金リスト

☆注意点

上の項目でも記載しましたが、助成金は飼い猫全てが利用できるものではありません。

また、野良猫の支援対策としての意味合いが強い支援対策でもあるため、そもそも助成金に対応していない地域もあります。

☆確認事項

助成金の対照か確認する場合には、以下のことを合わせて確認すると良いでしょう。

・飼い猫でも可能か?
・助成金額はどの位か?
・猫の登録等必要な手続きがあるか?

④避妊手術は動物虐待にあたるのか

オス猫の去勢手術の記事、猫去勢手術の費用や時期は?動物虐待にあたるのか?でも書きましたが、猫の避妊去勢手術は単なる人間のエゴではないと思います。もちろん、むやみに手術をすればいいわけではありません。でも、猫が増え過ぎたりして人間社会の中で猫ちゃんが行きていけなくなるのも困ることになります。

飼い主としてしっかりと責任を持って対応してくださいね。

成猫になったら去勢手術をした方が良いと言われるけれど、それって本当にいいこと? 猫去勢手術とは、オス猫の不妊手術のことをいいます。 去勢手術は行う必要があるのか? 行う場合の費用や時期の目安とは?去勢手術は動物虐...

⑤まとめ

image

生まれてくる子猫の数や、子猫の将来を考えると、なるべく早めに避妊手術は行っておきたいですよね。

金額的に大きく感じがちですが、後々のことや猫の体のことを考えると決して高い金額とは言えないと思います。不幸な猫を減らすことはもちろん、飼い主として飼い猫を責任もって管理することは大切だと思います。

地域よっては助成金もあるため、対象かどうか確認した上でもれなく利用していきましょう!

catfoodrank

キャットフードおすすめ人気ランキング&評判口コミ【猫餌総まとめ】

キャットフードを選ぶ際に知っておくと良いポイントがあります。キャットフードのおすすめについて説明していきます。 市販されているキャットフードは猫の体調、健康に合わせて数多くのラインナップがあり、同じように見えて配合される成分...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

猫が大好き。愛猫の名前はフク、タマ、ゴン、チビ、ミケなど。野良猫を庭で勝手に世話をして家族に怒られることも。わがまま、気まぐれで邪魔ばかりするけど、そんな猫の存在が私の生きがいです。沢山の記事を読んでもらえれば嬉しいです!

フォローする

トップへ戻る