猫が夏旅行中の留守番は何泊まで大丈夫?餌や水や室温は?

Sponsored Links

夏旅行の計画を立てているけど、気がかりなのが飼っている猫のこと。

一緒に連れていきたいけれど、猫を旅先に連れていけないこともあります。

飼い主が夏旅行中の猫のお留守番で気をつけることはなんでしょうか。

餌や水や室温はどうする?何拍まで大丈夫なのか・・・

解説していきます。

1 猫の留守番は何泊まで耐えれる?

猫, 動物, かわいい, ホームレス, 汚い, 通り, アウトドア

猫は何泊までならお留守番できるのでしょうか。

愛猫の性格にもよりますが、だいたい1~2泊が限界かと思います。

心配なのは、猫も飼い主も同じです。飼い主がいなくなるとストレスがかかっていることを忘れないでください。

留守番が長くなると、猫は餌をちゃんと食べなくなってしまいます。飼い主がいないときに頼りになる自動給餌器も長いお留守番には対応できないものがほとんどです。

信頼できる人、愛猫がなついている人、ペットホテルに預けることも考えましょう。

2 留守中の餌はどうする?

image

留守中の餌は、タイマー付きの給餌器に頼りましょう。

とても便利で、時間がきたら決められた量が出ます。留守中に安心して使えます。

餌菌が発生しないようにするためには?

夏の暑い時期は、キャットフードが腐ったり、カビや虫がわいてしまうことがあります。旅行中は特に閉め切ってお出かけするので、菌が繁殖しやすいです。餌の保存は、涼しい場所で保管することが好ましいです。

3 留守中の水はどうする?

餌と同じく水も心配です。

水は生きていくうえで欠かせませんし、特に夏場はきらすと大変です。

給水器を使いいつでも水を飲めるようにしてあげましょう。フィルターで水道水をろ過してくれる循環式給水器などおススメです。

Sponsored Links

キャプチャsadasa

4 夏の温度上昇対策どうする?室温は?

暑い夏に猫を置いて旅行に行くと、室温はぐんぐん上がり、熱中症のリスクが高まります。

エアコンを28度設定のドライにするなどし、連続運転をしましょう。猫はジメジメしたのが苦手なので適温、湿度管理に気をつけましょう。

ウロウロされるのが心配で閉め切った狭い部屋に猫を入れたい気持ちもわかりますが、猫は体温調整が苦手なので、エアコンをかけている部屋の他にお風呂場に入れるようにしたり自由に行き来できるようにしてあげましょう。

猫の夏バテの病状と対策は?クーラーは何度に設定?

いよいよ、夏本番がやってきますね。 年々、暑い時間が長くなりますと、人間も猫も夏バテしやすくなります。 猫は、人と違って発汗による体温調節ができません。 よく、猫が自分で顔や体など舐める仕草をしま...

5 猫の熱中症の病状

猫, シャム, 家畜, 動物

猫の熱中症の症状は、このような症状が見られます。

体温が急にあがることで、呼吸がハアハアと荒くなりよだれが垂れてきます。目や口の中が充血し、吐き気、嘔吐、下痢の症状が現れます。ふらついて倒れる猫もいます。

もっとひどくなると、気を失ったり、筋肉のふるえや意識が朦朧とする、脱力する、声をかけても反応しなくなります。意識が全くなくなる子や、痙攣を起こす、血を吐く、血尿、血便が出る。チアノーゼが出る、重症化すると命を落とすこともあります。

夏に留守番中の猫は本当に気を付けていただきたいです。

帰宅して猫が熱中症で倒れていたら本当に悲しいです。

6 猫はお留守番中寂しがる?

猫, 子猫, Mieze, サンセット, 太陽, 草, 光, サバ, 夜の光

飼い主が旅行に行っている間、猫も寂しがるのでしょうか。

猫により度合は変わってきますが、飼い主がいない寂しさからストレスがたまります。部屋中をひっちゃかめっちゃかにしたり、普段はトイレで用を足しているのに違う場所でやったりします。

長時間のお留守番は、猫にとってはとてつもなくストレスがたまるといってもいいでしょう。

7 お留守番中のトイレ掃除はどうする?

猫, 三色, 幸運の猫, リラックスした

猫は前にした排泄物がそのままトイレにあるのがイヤです。

少しなら問題なく使ってくれますが、2、3日分もたまるとそのトイレではやらなくなります。普段ならトイレでするのに、布団でやったりすることもあります。汚れたトイレが嫌なためにトイレを我慢し泌尿器の病気になる子もいます。

そのためにはトイレの数を普段より多く用意してあげましょう。

もしくは自動トイレ装置を購入しましょう!

猫のトイレを自動掃除Smart Kittyの値段や評判は?スマホで操作?

猫の全自動猫トイレと言えば「キャットロボット」が有名ですよね。 でも、これは値段が10万円もするので正直なかなか手がでません。 もっと安くで猫ちゃんのトイレ掃除を簡単にできる方法はないかな~と飼い主であれば一度...

8 まとめ

猫, 国内の猫, 庭, 若い猫, ストーキング, 草, 外, 動物, 注目

猫を置いての夏場の旅行は、注意するところがたくさんあります。

何より夏場の部屋の気温上昇には気をつけてあげましょう。

熱中症はとても怖いので、猫が安心してお留守番できるような温度管理を心がけましょう。

餌や水、トイレの準備も万端にして旅行にでかけてください。