なぜ猫はしっぽをふるのか?15種類の振り方で気持ちがわかる?

Sponsored Links

猫は、言葉を持っていません。

コミュニケーションの手段として鳴き声・ジェスチャー・マーキングがあります。

中でも、ジェスチャーではしっぽですね。

なぜ、猫はしっぽをふるのでしょうか。

しっぽを振っている時は、何かしらにサインを出しています。

見た目、しっぽの振り方を15種類ご紹介します。

15種類のふりかたで猫の気持ちを探ってみましょう!

人間のように寝る猫

目次

1 しっぽを真っ直ぐ上に立てる

1-1 うれしいな~・甘えたいな~

かまってもらいたい時やご飯がほしい、飼い主さんからいい子いい子としてもらいたい時に鳴きます。

1-2 「こんにちわ」などの挨拶

しっぽの先をすこし前向きにしている場合は、挨拶をしています。猫って、けっこう律儀ですね。これも猫の流儀ですね。

2 しっぽの毛を膨らませながら逆立てする

2-1 驚き・恐怖を感じている

相手を威嚇、攻撃態勢を見せるために鳴きます。

「なにしての!」「触らないで」と威嚇します。

2-2 強気を見せる

威嚇とは別で「私は強いのよ」とアピールに近いですね。

猫は気まぐれなので怒ったかと思えば、もうかわいい声を出したりします。その差を観察すると面白いですね。

3 しっぽの真ん中を持ち上げ、先を垂れさせる

3-1 臨戦態勢

今から攻撃するぞと合図ですね。

ものすごく威嚇したり、前に出たりと一触触発ですね。手を出すと噛みつかれます。

3-2 毛もいっしょに大きく見せます

しっぽを逆立てさせて、山形の形にして相手よりも大きくしっぽを見せようとします。

もう、こうなったら事が治まるまで見守ります。

4 しっぽを後ろ両足の間に挟んだり、体に密着させる

4-1 弱気になっている時

ふてぶてしい表情で睨みつける猫

何かで恐怖を感じ、ビビっています。しっぽも含めて、体を丸めることによって「攻撃しないで」と訴えます。

4-2 しっぽを丸め込む状態の反対は?

しっぽを逆立てることになります。しっぽが上に上がるのなら、強気。

しっぽが下で体の中に入り込んでいるのなら弱気だと覚えましょう。

5 しっぽがダラーンとした方へ下がっている

5-1 叱られた時

何かでしくじりをして、親猫や飼い主さんから叱られた時のしぐさです。人間でいうと「肩を落とす」感じでしょうか?

5-2 体の具合が悪い時

体調がすぐれない時や元気のない時にします。もしかしたら病気の場合があります。おかしいなと思ったら病院へ。常日頃、観察が大事ですね。

6 しっぽをお腹にくっつける

6-1 飼い主さんに抱きかかえられた時

ひょいと、猫を抱きかかえて仰向けにさせるとしっぽがお腹にひっつきます。

うれしくて、しっぽを引っ付けるのではありません。あまりにも突然に抱えられたのでびっくりして怖がっているのです。

6-2 はずかしいから?

しっぽを隠すのは恥ずかしいのではなく怯えている状態です。無理な抱っこをしないようにしましょう。

7 仰向けなった状態でしっぽを早く動かす

7-1 仰向けで抱きかかえられた時

飼い主さんがふいに抱きかかえようとすると、嫌だというサインです。猫の様子を見ながら、抱える方がいいですね。

7-2 ゆったりと大きく振る

飼い主さんから突然に抱きかかえられても気にせず、のんびりとリラックスしている状態です。安心している証拠ですね。

8 立ち止まってしっぽをゆっくりと大きく振る

8-1 興味本位

「あれはなんだろう?」と好奇心からくる振り方です。自分が興味のあるものしか反応しません。その猫が、どんなものが興味があるか観察できますね。

8-2 やや興奮状態

自分の好奇心が勝ってしまって居てもたってもいられない状態。すぐに、どうこうするわけはないですが、気持ちが高揚しています。

9 寝そべっている状態で大きくしっぽを振る

9-1 リラックス・安心

猫が横になった時はかなりのリラックスになっている状態です。しっぽをゆったりと揺らし、安心しきった状態です。

9-2 考え中?

物思いにふけっている状態です。「何しょうかな?」「人生とは?」と考えているかもしれませんね。この状態では、そっと見守りましょう。

10 丸くなって小刻みにしっぽを小さく振る

10-1 小さい振り方は感情が不安定

餌を食べるネコ

大きく振れば気持ちは大きく、小さく振れば気持ちは小さく不安定になります。

10-2 落ち着かない

引っ越しなどで猫が住んでいた環境が変わると、場に慣れるまで落ち着かないことがあります。不安のサインです。すぐにでも住む場所を決めてあげましょう。

11 立ったまま、左右にしっぽを振り回す

11-1 「強いのだ」とアピールしている

闘争心の現れです。かなりやる気のある振り方です。今にも攻撃するぞという合図ですね。

11-2 犬は、うれしいサイン

猫は威嚇のための振り方ですが、犬はうれしいサインなので間違いないようにしましょう。しっぽをよく振っているからといって触ろうとすれば、猫パンチが飛んできます。気をつけましょう。

12 座ったまま、バタバタと激しく大きい振り方をする

12-1 イライラしている状態

座ったままで不機嫌な気分となっています。ということは何かしら不満があるということです。一過性のものか?見極めが必要ですね。

12-2 猫を撫でたり、ご機嫌伺いをしない

イライラしている時は、取り合わないようにしましょう。そっとしておくことです。けっして撫でたり、ちょっかいを出さないことです。

13 しっぽの先でちょろちょろと振る

13-1 獲物を見つけた時

ちょっぴり興奮状態です。「なにかいるぞ」と確認をしています。どんなものを見つけたのか?気になるところですね。

13-2 無我の境地

獲物を見つけたわけでもなく、考え事やぼんやりとしている状態。しっぽが微妙に動くことがあります。無我の境地でしょうか?

14 睡眠中でのしっぽの振り方

14-1 声をかけるとしっぽが反応する

image

寝ている時、名前を呼んだりします。わずかですが、ピクピクとしっぽが反応します。

14-2 面倒だから、しっぽでお返事

寝ている猫は、呼ばれても起きません。眠たいのですから、そっとしてほしいのです。

しかし、飼い主さんには嫌な態度を取るわけにいきません。面倒だけど、とりあえずお返事します。

Sponsored Links

15 座ってしっぽを上下しながらバタバタと音を出す

15-1 思案中

リラックスをしながら、何かを思案中です。「今から何をしょうかな?」と思いにふけリながらしっぽを振ります。

15-2 次の行動へ

お腹いっぱいになったし、「さて、どうしよう?」寝るか・遊ぶか・と考えながら外を眺め、しっぽをバタバタとさせます。

猫の年齢は人間なら何歳?計算方法と平均寿命は?

まとめ

暑さでダメになる猫

このように、猫のしっぽの振り方にはいろいろな意味や気持ちがあります。

猫のしっぽの気持ちがわかると楽しくなりますね。

しっぽの振り方の意味を知っておけば猫とよりコミュニケーションができます。

お互いの距離感もわかってきますので、猫とのつながりがよくなっていくでしょう。

猫の肉球の色がピンクか黒で違う理由は?性格診断もできる?

猫の肉球の色がピンクか黒で違う理由は?性格診断もできる?
猫といえば肉球!と思われるほど、肉球のぷにぷにな触り心地、においが好きな人、多いのではないでしょうか? 足を出して寝ている姿を見るとついついイタズラしたくなってしまいますね。 なぜ猫の肉球の色は様々なの...