猫がしっぽの先を動かす理由は?どんな気持ちなの?

Sponsored Links

「猫は何を考えているか分からない」と思っている人が多いと思います。

実は猫のしっぽを見れば猫が何を考えているか一発で分かってしまいます!

特に今回は、猫がしっぽの先だけを動かす理由やそのときの気持ちについて解説します。

どんな動かし方をすると嬉しいのか、または怒っているのかを見ていきましょう。

猫がしっぽを振るのは何故?

image

<しっぽの役割>

・歩いたり走ったりする時にしっぽで体のバランスを取っている

・しっぽにある臭いを出す場所(臭腺)をこすり付けることにより、自分のテリトリーだと主張(マーキング)する役割があります。

・猫が感情をダイレクトに伝える役割

室内外の猫の場合、去勢してマーキングが収まる事があるので、しっぽが動く理由は感情の表れがほとんどと思っても良いと思います。

猫のしっぽの先が前を向いている

猫カフェの猫ちゃん

視線の先の対象物に興味を持っている時になります。

それが人の場合は近寄ろうとしているサインです。

この時に驚かさないよう優しく構えて待ちましょう。きっと猫の方から近寄ってきてくれます。

猫が横になっている時にしっぽの先だけ動かしている

面倒だなと思ったときのサインです。

眠ってはいないけど飼い主に名前を呼ばれて動くのが面倒くさい時に見られます。

「一応聞いていますよ~」と猫からの可愛いお返事です。

しっぽの先を小刻みに振っている時

「何見てんだ?」という表情で睨み付ける猫

しっぽが短い猫の種類や性格は?なぜ長さが違うのか?

Sponsored Links

ふわふわでよく動く猫のしっぽ。 猫のチャームポイントとしてとても人気なしっぽですが、さまざまな種類・役割があります。 ふわふわのしっぽに癒されている人も多くいるのではないでしょうか? しっぽが短い...

振り方の速さによって感情が変わります。

尻尾の先をゆっくり振っているとのんびりと落ち着いている時です。

逆に振り方が早いとイライラしているサインです。

無理に構わずそっとして置いてあげるとよいと思います。

猫のしっぽと色々な感情

他の状態のしっぽもいくつか挙げていきましょう。

警戒する猫ちゃん

<ゆっくりしっぽを振る>

怒っている時と違いゆっくり振る時はご機嫌が良い時のサインです。

ピンと立つのと似た状態ですので猫に触れるには持ってこいの瞬間です。

<しっぽが膨らむ>

威嚇、怒っている、臨戦態勢のサインです。

少しでも自分を大きく見せようとしっぽが膨らみ毛も逆立たせます。

驚いた時にもなるのでこの状態になったら近寄らず落ち着くまで様子を見てあげて下さい。

むやみに近づくと引っ掛かれたり噛みつかれてしまいます。

<しっぽを股からお腹にくっつける>

猫が怖がっているサインです。

しっぽを膨らませて大きく見せ威嚇する事の反対で、自分を小さく見せようとしているのです。

人見知りの猫が知らない人に抱っこされるとよく見られます。

<下がっている時>

落ち込んでいる時や体調が悪いサインになります。

しっぽが下がっている時は猫の体調を確認してあげて下さい。

何か病気が見つかる可能性もあります。

<左右に大きく振っている時>

機嫌が良いと思われがちなのですが、猫がパタパタと横にしっぽを振りだしたらイライラのサインです。

だんだんとイライラが強くなるとしっぽを地面にバタンバタンと叩き付けるようになります。

これはイライラMAXのサインなので何か猫にイタズラしていたらやめてあげましょうね。

<ピンと立っている時>

「あそんで」「かまって」のサインになります。

機嫌がよく甘えたい時なので猫と遊ぶチャンスです。

他にもご飯が欲しい時やお水が欲しい時にもしっぽがピンと立ちます。

まとめ

日向ぼっこをするネコ

我が家で飼っていた猫はしっぽがとても短くカギ状に曲がっている「カギしっぽ」と呼ばれるしっぽの持ち主でした。

猫の感情はしっぽの動きで分かると紹介してきましたが、この形はしっぽで感情を読み取るのはとても難しいです。

でもカギしっぽの猫を飼っている、または飼う予定がある方も心配する必要はありません。

ずっと一緒に暮らしていればしっぽを見なくても猫が何を考えているか絶対分かるようになります。

しっぽだけで判断するのではなく、個体の特徴をしっかりと観察してあげてくださいね!

なぜ猫はしっぽをふるのか?15種類の振り方で気持ちがわかる?

猫は、言葉を持っていません。 コミュニケーションの手段として鳴き声・ジェスチャー・マーキングがあります。 中でも、ジェスチャーではしっぽですね。 なぜ、猫はしっぽをふるのでしょうか。 しっぽを振って...