猫の爪切りのコツは?嫌がる暴れるのを抑える方法は?

Sponsored Links

は鋭くて、引っかかれたらとても痛いです。大きな怪我を負うこともあります。

爪切りが必要なのはわかってはいるものの、爪切りは猫にとっても飼い主にとっても負担になることが多いかと思います。

今回は、猫の爪切りのコツと、嫌がる暴れるのを抑える方法をお話ししていきます。

爪切りはコツをつかむと簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

1 猫の爪切りの必要性と爪の危険性

Sponsored Links

猫の爪は、外で過ごしている猫の場合には爪切りは特に必要ありません。

なぜかというと、木に登ったり、外を歩いているだけで爪が擦り減っていくからです。

しかし、飼い猫の場合は普段生活している室内で爪が使われることは少なく伸びていく一方です。

そのため、部屋の中のカーテンや絨毯などに爪がひっかかったり、人間と遊んでいるときに爪が伸びていたらケガをさせてしまう危険性がでてきます。

小さいお子さんがいる家庭では特に気をつけたほうがいいでしょう。

また、爪が伸びたままになり放置すると、爪が巻いていき、肉球に刺さってしまいます。

猫は歩きにくくなり、肉球が傷つき出血し、細菌も傷口から入りやすくなるため爪切りは欠かせません。

2 猫の爪切りのコツは?

爪切りをするときの体制ですが、猫を仰向けの状態にしましょう。そして体が動かない様に挟みます。

前足をつかんで、肉球を押すと爪が飛び出します。

爪は根元にピンク色の血管があり透けてみえるので、ピンク色の部分までは切らないように確かめながら進めてください。

血管を切ってしまうと痛みが出て、出血しますので注意していください。

痛かったことや嫌なことは覚えているので、慎重に行いましょう。

猫は爪切りが好きじゃない子が多いので怖がらせないように短時間で終わらせるのがポイントで爪切りに慣れていない場合は、切れる分だけ爪を切るようにしましょう。

1本の爪を1回でささっと切ると猫もストレスがたまりにくいかと思います。

爪切りの種類は?

Sponsored Links

猫用の爪切りはギロチンタイプとハサミタイプがありますが、子猫のうちはハサミタイプが切りやすいです。

人間と爪の大きさが違うので、猫用を使ってください。

猫の爪の切り方やコツは?ギロチンタイプの使い方と長さはどこまで?

猫の爪は凶器ですね。引っ掻かれて怪我をした経験がある方も多いでしょう。 猫は自分で爪とぎをしますが、人が爪を切ってあげたほうがいいのでしょうか。 その場合爪の切り方のコツや爪の長さはどれくらいが良いのか解説します。 ...

3 嫌がったり暴れるのを抑える方法は?

猫, キャッツ ・ アイ, かわいい, 子猫, 動物, グレー, ふわふわ猫

猫は足を触られるのがあまり好きではありません。

爪切りは足を触らないとできないため、足に触っても大丈夫なように慣らしていくことが大切です。

爪切りが嫌な猫(そもそも抱かれることを嫌がる)や初めて爪切りに挑戦する猫は、嫌がったり暴れたりするかと思います。

このときに、飼い主が爪切りにこだわるあまり、ムキになり暴れるのを力づくで押さえつけてもまったく無意味です。

人間もケガをしてしまいますい、猫も爪切りに対する嫌なイメージがつきますます爪切りが出来なくなってしまうんです。

爪切りを嫌がる猫の爪を1回で全部切り終わることはあきらめましょう。切れるときに1本ずつ切っていくことをおすすめします。

猫が寝ているときや、のんびりしていて機嫌がいいときに爪を切ってみましょう。

洗濯ネットにネコを入れて猫の足だけ出した状態で爪切りをしたり(怖がった場合はダメです)、タオルで猫をくるんで爪切りをすると切らせてくれることもあります。

暴れている場合には無理強いしないで時間を置いてチャレンジしてみてくださいね。寝てるときに猫の爪を撫でてあげることからスタートしましょう。

1人で切るにはどうしても難しい場合には、2人がかりで行うのも手です。1人が爪切りをし、1人が猫の体を抑えるようにするといいでしょう。

爪について、知っトク情報はこちら!

Sponsored Links

猫の爪手術の費用は?抜爪手術は虐待で賛成か反対か?

猫の爪とぎのしつけや防止は?爪とぎ人気の種類や作り方は?

猫の後ろ足の爪切りは必要?前足との役割の違いや切る頻度は?

4 まとめ

image

猫の爪切りのポイントは、嫌がっているときには無理やりしないことと、手短にすることです。

*普段から爪あたりを撫でてあげること
*まずは1本だけでもいい
*2人がかりで爪切りをする
*好きなタオルとかで包んであげる

爪切りでとても暴れてしまう場合は、動物病院で相談してみてくださいね。

猫の健康のためにも爪切りは欠かせないものなのでまずは少しずつ爪切りに慣れてもらいましょう。