【キャットフード】スマックの価格や安全性は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

Sponsored Links

ホームセンターなどでよく見かける「猫用またたび」でお馴染みのスマックから販売されているドライフードCATSMACK(キャットスマック)。

どちらかというととてもお手頃な価格だと思うのですが安全性は大丈夫なのか?

利用者からの評判、口コミはどうなのか?

気になる価格や、体験談と併せてご紹介します。

①CATSMACK(キャットスマック)とは?

Sponsored Links

フードボウルシルエットをモチーフに、ペットと飼い主の笑顔ある価値を創造していくフードとして生み出されたのが「CATSMACK(キャットスマック)」です。

尿石、毛玉、消臭に配慮したフードであり、2年以上継続購入するユーザーが9割いるという「愛され続けて30年以上」のロングセラー商品となっています。

②【キャットフード】スマックの安全性は?

image

ドライ

子猫~高齢猫まで対応した「キャットスマックかつお味」を見てみると、穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、小麦ふすま等)、肉類(チキンミール、ポークミール、ミートミール)、豆類(乾燥おから、脱脂大豆等)が主要な素材となっています。

とうもろこしが第一原料であり、かさ増し目的かつほぼ栄養素がない脱脂大豆を使用、肉類は全てミールが使用されている国産キャットフードである点が不安です。

次に使用率の高い魚介類ですが、ミール、パウダーといった表記が続きます。

肉や魚などのたんぱく質は27%と少な目、良質な素材を使用しているとは言い難く、不明な動物性油脂、赤色102号などの着色料が使用されている点も印象がよくありません。

各種ミネラル、ビタミン、アミノ酸などが配合されている点は良いと思います。

③【キャットフード】スマックの種類と価格

ドライ

☆サイズと値段

・2kg…¥641円から

・2.2kg…¥616円から

・3kg…¥698円から

・7kg…¥975円から

☆味の種類

・お魚、ささみ、かつお、まぐろ、さけ、お魚ミックス、お肉ミックス(一つもしくは2つの組み合わせ)

☆健康状態に合わせた種類

・子猫、成猫、高齢猫、11歳以上、3頭以上(多頭飼い用)

④【キャットフード】スマックの利用者の評価や体験談

☆良い評価

・「お手軽」

格安、大容量、多頭飼いには便利、買い足しをしなくても良い、コスパが良い。

・「粒が大きめで歯磨き効果がありそう」

歯槽膿漏気味だった猫の歯茎の具合がよくなった。

☆悪い評価

・「下部尿路疾患を発症した、健康状態が良くない」

体調が悪そうにしていたため病院へ連れていったら尿結石・尿路系疾患ありとの診断を受けた、軟便、便秘になった、便の臭いがするようになった、血尿になった。

・「美味しそうに食べない」

お腹がすいたときに仕方なく食べる。

・「紙パッケージに不満」

保存が効かなそうな紙パッケージに入っている、7kgに至ってはガムテープの様な幅広いテープをつけただけのような大きな紙袋にフードがそのまま入っている。

猫の餌、関連記事

Sponsored Links

猫の餌のおススメは何?キャッツフードの値段、味、安全性の比較!

キャットフードは国産か海外産どちらが安全?違いや評価は?

オリジンキャッツフードの価格や安全性は?評判(口コミ)や体験談まとめ!

キャットフードを冷凍保存?正しい保存方法と容器は?

ロイヤルカナン(猫)の評価や口コミは?安全性と添加物など成分は!

キャットフードカナガンの評判は?国産がいいの?

⑤まとめ

image

多頭飼いには便利な要素が多いフードではありますが、それを有り余るほどの不安要素があるフードだと感じました。

もし購入を検討する機会がある場合は、猫の体調は勿論、店頭にて成分表記などを更にしっかりと確認する必要があるフードであり、猫の長期的な健康を考えた場合あまり選択肢にはなりえないキャットフードなのではないかなと感じました。