猫アレルギーが猫を飼う方法は?ロシアンブルーかベンガル?

Sponsored Links

猫が大好きなのに猫アレルギー、とてもつらいですね。

「それでも猫が飼いたい!」という方もいるかと思います。

私の友達にも猫が大好きで猫を抱いたり撫でたりするのですが、すぎに目がかゆくなっり蕁麻疹が出たりして苦しんでいます。

そんな方の為に、猫アレルギーでも猫を飼う方法をご提案します。

猫アレルギーの症状とは?

image

猫アレルギーの症状は花粉症と似ていて、次のようなものです。

・くしゃみ

・鼻水

・目の充血

・目や鼻、皮膚などのかゆみ

・咳

・のどの痛み

猫を飼ってる間ずっと続くと考えると、とてもつらい症状ですよね。

猫アレルギーの症状をやわらげる対策&対処法

image

少しでも症状を軽減するため、対策を見ていきましょう。

部屋中を綺麗にする、空気洗浄機を利用する

猫のフケや毛がカーテンや床に付着することでアレルゲン物質を取り込んでしまいます。

この物質を取りこまないように工夫することが大切です。

なるべく付着しがちなカーペットなどは取り除き、カーテンやソファーカバー、クッションカバーなどはこまめに洗濯しましょう。

布団に寝られてしまわないよう、寝室に入れない工夫も必要ですね。

一緒に寝たい気持ちはわかりますが、ここは我慢をしましょう。

空気洗浄機も併せて活用しましょう。

猫のブラッシングやシャンプーをこまめに行う

週に数回ブラッシングするようにしてください。

シャンプーは猫が嫌がらなければ月1回程度するようにしましょう。

ブラッシング、シャンプーする際はマスクを付けて行い、終わった後はしっかり手を洗うことが重要です。

病院でアレルギーの薬をもらう

こちらは飼い主側が病院で処方してもらうということです。

もし症状が鼻水だけであれば、市販のアレルギー用鼻炎薬でも良さそうですね。

薬だけで随分と症状が軽減したという方も多いようです。

品種によって違う?猫アレルギーに優しい猫とは?

Sponsored Links

実は、ハイポアレジェニック・キャットと言って、アレルゲン分泌が少ない、もしくは抜け毛が少なく猫アレルギーに優しい猫の品種があります。

次の7種が代表的です。

・デボンレックス

プードルのような巻毛のため圧倒的に抜け毛が少ない品種です。

デボンレックスの値段や性格と飼い方は?プードルのような猫?

プードルのような猫を知っていますか。 くるくるした毛が印象的なデボンレックスという猫なのですが、とても甘えん坊で一緒に遊べる可愛い猫なんです。 デボンレックスの性格や飼い方と値段などについて解説します! 1 ...

・バリニーズ

長毛種ではありますが抜け毛が少ない品種です。

猫バリニーズの値段と性格や飼い方は?シャム猫との違いは?

シャム猫のような見た目で長い毛をしているバリニーズという猫をご存じですか? バリニーズとシャム猫は似ていますが違いはなんなのでしょうか。 今回はバーニーズの値段と性格や飼い方などをお話ししていきます。 1 バ...

・ロシアンブルー

短毛種で抜け毛が少ない品種です。

ロシアンブルーの飼い方や性格と値段は?芸能人が飼う理由は?

ロシアンブルーの猫と聞けば、どこかの貴族に飼われている高級なイメージがあります。 しかも、ロシアンブルーはかなり芸能人に人気があります。 別名「ボイスキャット」 とても静かなおとなしい猫です。 ...

・ベンガル

短毛種で抜け毛が少ない品種です。

猫ベンガルの値段や飼い方や性格は?子猫の販売価格や柄は?

豹のような模様・しなやかな体が特徴的な猫「ベンガル」、その美しい柄はまるで本物の豹がいるかのように思わせてくれる魅力があります。 野性味が強く、育てにくそう、というイメージを持たれがちな「ベンガル」ですが、実はそんな...

・オリエンタルショートヘアー

アレルギーの原因となる特定たんぱく質の分泌と抜け毛が少ない品種です。

オリエンタルショートヘアの値段や性格と飼い方は?シャム猫の失敗作?

シャム猫そっくりのオリエンタルショートヘアをご存じでしょうか? シャムネコの失敗作だとも言われていますが果てしてその真相は・・・ オリエンタルショートヘアの値段や性格と飼い方について解説します。 ①オリエンタ...

・サイベリアン

アレルギーの原因となる特定たんぱく質の分泌が少ない品種です。

サイベリアンの値段や性格と飼い方は?猫アレルギーの人も大丈夫?

ロシア生まれの猫でとても凛々しい顔のサイベリアン。 プーチン大領領から送られたサイベリアン「ミール君」は有名ですね! サイベリアンの性格と飼い方や値段について見ていきましょう。 また猫アレルギーの人におススメの理...

さらにはメスよりオス、未去勢オスより去勢オスの方が特定たんぱく質の分泌が少ないと言われています。

狙い目は、上記種類の去勢したオス猫ですね!

もちろん、抜け毛の量や特定たんぱく質の分泌量についても個体差があり、全く出ないというわけではありません。

品種だけで確実にアレルギー症状を出さないようにするのは不可能です。

飼うまでに様々な猫と触れ合ってみて、アレルギーが出るか出ないか相性もふまえて慎重に決定してください。

マンションで猫は禁止?おすすめの室内での飼い方や種類は?

まとめ

image

猫アレルギーだからといって必ずしも猫を飼えないというわけではなさそうですね。

軽度の猫アレルギーであれば、わずかな工夫で随分と快適に猫と暮らすこともできそうです。

重度の場合は、お医者さんと相談してみてください。

飼う前から猫カフェやペットショップなどで猫と触れ合う機会を作り、どのような猫なら症状が軽いか、どのような症状が出るかを調べておくのもいいでしょう。

飼った後も努力が欠かせないかもしれませんが、それでも猫に癒してもらう時間には代えられないという方も沢山おられます。

 ▶猫が喉をゴロゴロ言わないのは病気?鳴らす意味は?

家族が猫アレルギーだけど飼いたい!対処法やおススメの種類は?

季節の変わり目ともなりますと、やたら、くしゃみや鼻水、咳などが出てきます。 熱はありませんが、風邪によく似た病状をアレルギーと呼びます。 家族の中にアレルギーの人はいませんか? アレルギーは、抗原...